COMMUNITY コミュニティ

3246各国主力機銃の当て方 2016/09/02 21:38

ここでは各国の主力機銃(主に20mm以上)の当て方を紹介していきます。
注意!ここに記されてるものは個人の体感です。あまり過度な期待はしないで下さい。
アメリカ
M2ブローニング 12.7mm 初速が早いが距離による速度減衰が大きいので遠距離(500m以上)では見越し点一個分先くらい。近距離(500以下)では見越し点半分先ぐらいが当てやすい。
M3ブローニング 12.7mm M2ブローニングの発射速度増大型なのでM2ブローニングと同じ偏差で大丈夫。
AN/M2 20mm イギリスのイスパノMk2のライセンス生産版。かなり弾がバラけるため遠距離での命中は厳しい。概ね見越し点半分くらいが当てやすい。
AN/M3 20mm イギリスのイスパノMk5のライセンス生産版。基本性能はイスパノMk5とほぼ同じものの、非常に銃身過熱が早くMk5自体がバラけやすいため遠距離の命中は厳しい。近距離では見越し点一個分くらいが当てやすい。

ドイツ 
MG151/20 20mm 弾道が素直でバラけることもなく安定した性能を持っている。概ね見越し点一個半ぐらいが当てやすい。
MK103 30mm 非常に高い初速を誇り、見越し点そのままでも当たる。ただ発射速度が低いため過信は禁物。
Mk108 30mm 20mm機関砲と同等の発射速度を誇る。ただその代償に初速が異様に低いためクセのある山なりの弾道となり近距離でないと当たらない。見越し点は1個ぐらいが当てやすい。

ソ連
ShVAK 20mm 非常に高い発射速度を誇るが弾が軽いため距離による速度減衰が激しい。概ね見越し点一個半くらいが当てやすい。一発あたりの威力が低め。
B-20 20mm ShVAKとは基本変わらないが弾薬が強化されているため全体の威力は上がった。
各種大口径 ソ連の大口径砲は精度が高く非常に当てやすいが偏差量はかなり状況で左右されるためそこは感覚で当てていくしか無い。

イギリス 
イスパノMk2 20mm 非常に高い初速を誇るが、未改修状態だと非常に過熱が早い。概ね見越し点半分くらいが当てやすい。
イスパノMk5 20mm 機械的信頼性と発射速度を増大させたMk2の改良型。初速は少し落ちたものの発射速度と加熱耐性が上がっているが、バラけやすくなっている。見越し点半分くらいが当てやすい。

日本
九九式一号機関砲 20mm 初速が低く発射レートも悪いが、榴弾の炸薬量が多くバラけにくいため一発一発をしっかり当てていく必要がある。600mで弾が落ちるため遠距離ではほとんど当たらないものだと思っても良い。近距離では見越し点一個半くらいが当てやすい。
九九式二号機関砲 20mm 一号よりも初速が上がり弾道が改善されたが、更に発射速度が下がってしまった。だが弾薬の大型化によって単発火力は非常に高い。遠距離では見越し点一個半くらい。近距離では見越し点一個くらいが当たりやすい。
ホ-5 20mm 機銃性能では殆どShVAKと同じ。焼夷徹甲弾が豊富なので燃やしやすい。
五式機関砲/ホ-155 名前は違うが性能は同じ。機銃性能はMk103とほぼ同じ。演習弾マシマシなので曳光弾ベルトをおすすめする。

他にも質問を受け付けています。たとえば(この機銃の性能教えて!)等気軽に質問して下さい。

返信する

※利用登録が必要です。

    • [t.a.k.a]
    • 2016/09/03 15:54

    機獣✖
    機銃○

    • [吹雪]
    • 2016/09/04 04:22

    思わぬところを間違えてしまった・・・

    ご指摘ありがとうございます。

    • [asasas]
    • 2016/09/13 20:42

    ソ連のNS-23ではどこを狙えばいいでしょうか?

  • «
  • 1
  • »
返信する

※利用登録が必要です。