GAMEGUIDE ゲームガイド

チームプレイ

単体での飛行は格好の的となってしまいます。だからこそ、隊の仲間を援護する準備を決して忘れてはいけません。ペアの救命効果の高さやフィンガーフォー編隊が認められたのは、第二次世界大戦中です。

War Thunderのプレイヤーにとって、全てのゲームがチームワークによって戦闘における優位性があることを学ぶ機会であり、統制の取れたパイロット達で構成されたチームがほとんど無敵であるということを証明するでしょう。

1爆撃機の編隊

爆撃機と地上攻撃機は、それぞれ異なる特殊な編隊、一般的に守備を固めるための編隊を使います。この主な目的は、編隊を組んでいる全ての航空機の銃座で、援護射撃を維持するためです。こうすることで守備に対しては効果的で、チームワークによって爆撃機の低い操縦性能を補うことができます。

2戦闘機の編隊

a編隊長

基本的には編隊の隊長です。編隊長が攻撃する標的を選び、戦術を決めます。聡明な隊長は決してわがままではなく、僚機に手柄を立てる機会を譲るものです。特に、僚機が攻撃するのに戦術上優位な位置にいるときにはなおさらです。

b僚機

僚機の絶対的な義務は、編隊長を援護することです。僚機は、長機が損害を与えた航空機にとどめを刺して一掃する役割を多くこなします。

特徴TOPへ戻る