GAMEGUIDE ゲームガイド

爆撃機

軍用機の操作であっても、我々はプレイヤーにただの空中戦闘以上のものを提供します。プレイヤーは伝説のB-17フライングフォートレス、あるいは巨大な川西H6K九七式飛行艇のパイロットや搭乗員にもなれるのです。

パイロットだけでなく、敵機の攻撃から航空機を守るための機銃塔射撃手に挑戦しましょう。

占領ポイントを取り、数十kgの爆弾を落として敵前線を破壊したり、魚雷を発射して敵巡洋艦を沈没させたりしましょう。戦争では、すべての兵隊が各自の役割をこなすということを忘れてはいけません!

1雷撃機

a魚雷の発射

魚雷は、高速度から水中に落とすと破裂することもあるので、パイロットは魚雷を発射するのに先立って高度を下げてスピードを落とさなければなりませんでした。この巧みな操縦は敵の対空銃器から比較的狙われやすい位置を通ることになったので、魚雷投下を含む戦闘任務は非常に危険を伴うものでした。

b魚雷

魚雷は、19世紀に戦闘で初めて使用されました。魚雷は、自走推進の水中兵器で、円柱状の本体に流線形の水平舵とプロペラがついていて、大量の爆薬を搭載しています。

2爆撃機

a爆弾投下

空中投下の爆弾発射は、敵施設、装置、地上または水面上の敵軍の破壊を目的としています。爆弾の重さは爆弾投下の効果の大きさに影響します。

b爆弾

爆弾の軌道は、爆弾がパイロンまたは爆弾架から発射する瞬間の航空機の水平速度に大きく依存します。それゆえ、より正確に爆弾を命中させるために急降下爆撃がよく採用されました。

c反跳爆撃

別名スキップボミング、トップマスト爆撃などと呼ばれるこのテクニックは、航空機が高速度で飛行中に投下する爆弾は、水面上でバウンドするという経験に基づいています。それゆえ、第二次世界大戦中の艦艇は、高速度でマストの高さあたりから爆弾投下で攻撃しました。この攻撃は驚くほど迅速で、パイロットにとっては魚雷投下よりも安全でした。

3銃座

a機銃塔

機銃塔は航空機に取り付けられた主な防御用の設備で、中あるいは大口径の機関銃を装備しています。搭乗員(射撃手)が操作します。

b死角

技術的な問題のため、機銃塔は限られた方向にしか射撃できません。この弱点を補うために、大型の航空機には複数の銃座が別々に取り付けられていました。これは、爆撃機からどの方角にでも射撃できるようにし、敵の攻撃から生き延びるチャンスを与えました。

4搭乗員

aパイロット

巨大な飛行要塞を操縦するのに加え、パイロットは自分自身で標的に狙いをつけて爆弾を落とせるように照準手としてのスキルも持っていなければなりません。

b射撃手

爆撃機の主な防衛線。プレイヤーが航空機を操縦する際に、射撃手は自動的に射撃します。また、プレイヤーはいつでも射撃手として敵機を撃墜する役割を担うこともできます。

c射撃手の保護

ほとんどの航空機では、射撃手に対する守りは脆弱です。そして、敵戦闘機の最初の標的になりがちです。

特徴TOPへ戻る