ニュース

解説
スーパーマリン・シーファイアFR47 2016-08-09 16:00

シーファイアFR47は、最後の究極的なシーファイア/スピットファイアです。FR47は、高TierⅣ航空機にランクされています。優れた二重反転プロペラを搭載し、この航空機は秒速18.5mという非常に高い加速率と上昇率を誇ります。また、シーファイアは、699kph(434mph)という計測で、ピストン式戦闘機では目覚しいトップスピードです。これらの要素に4門のイスパノ20mm機関砲を合わせ、この艦上戦闘機は、相手戦闘機にとって非常に手ごわい戦闘機となりました。

シーファイア、艦上で撮影。

シーファイアFR47はイギリス海軍の姉妹機スピットファイアと非常に似かよった特徴をもち、際立った旋回性能を活かした戦闘を誇ります。ゲームにおいては、完全旋回を21秒でこなす旋回時間を持ち、敵パイロットに旋回砲の照準を向ける間を与えることなく、簡単に敵機の背後にスライド移動が可能です。シーファイアは、優れた空戦エネルギーの使用と旋回戦闘の性能を有し、高高度に上昇したのち、急降下しての攻撃がもっとも得意の戦闘方法です。敵機が旋回戦闘をしかけてくるという失態を犯したならば、彼らに勝利が訪れることはありません。

シーファイアシリーズの設計は、艦隊航空隊(FAA)が陸上型のスピットファイアを艦上戦闘機として転換できるか調査を開始した1941年後半から始まりました。最初に製造されたシーファイアは、スピットファイアMk.Ⅴから造られ、早速成功したものと思われましたが、さらなる改造の必要性は明らかでした。もっとも重要な改造は着陸時用の脚部とアレスティングフックです。スピットファイアの主脚の間隔はとても狭かっですが、シーファイアの開発期にこの間隔は広げられ着艦時の安定性が増しています。アレスティングフックの部品も、胴体に多大な圧力をかけており、構造強化される必要がありました。そこで、アレスティングフックを新たに取り付けて胴体と主脚上部の翼面の構造強化をし、次に機首の平衡重量が必要とされた。海軍無線機の取り付けと同様にこれらの要素が加わった結果、シーファイアはスピットファイアよりも著しく重くなったのです。

シーファイアの着陸措置は、スピットファイアのものよりも幅広かった。

時間をかけてさらにいくつかの改造がなされましたが、これらのすべての作業の結果、ついに究極の:シーファイアFR47が完成しました。FR47は、翼と先端は折りたたみ式となっており、艦船デッキ下の格納庫に格納しやすくなりました。また、飛行のあらゆる段階で、より大きな推力を生み出しトルクの反応を消す、非常に優れた二重反転プロペラが取り付けられています。シーファイアは、その信じがたい性能と比較的短い行動範囲のため、最初はイギリス海軍の防衛艦隊戦闘機として使われたが、朝鮮戦争の初期には対地上攻撃機としても活躍しました。

FAAがジェット機へと関心を移した後の1951年の前線配備からの退役に先立って、合計で、90機のシーファイアFR47が生産されました。

著者:ショーン・「Gingahninja」・コネル