ニュース

解説
MiG-15 2016-08-09 16:00

ソ連の軍用機の中でもトップを誇るMiG-15は、第二次世界大戦後からのジェット戦闘機の中でも、最も象徴的な航空機の一つです。アメリカの同時代のジェット機、F-86セイバーとの朝鮮上空の制空権争いによって名声を得ました。



『War Thunder』でのMiG-15

『War Thunder』内での、ソ連軍用機の頂点として代表されるMiG-15とMiG-15bisは、ランクⅤでポリカルポフとMiG戦闘機ライン随一のトップに位置しています。MiG-15は、その前身のMiG-9/Lから研究することができ、アーケードバトルとシュミレーターバトルでのバトルレーティングは9.0で、実戦バトルでのバトルレーティングは9.0です。MiG-15は、強力な機関砲23mmを2門と37mmを1門搭載しており、高高度での高性能と非常に効果的な垂直マニューバを誇ります。MiG-9とは異なり、MiG-15は、戦闘の際に非常に有効なエアブレーキ機能を持つソ連初のジェット機です。しかし、この航空機にも欠点はあります。

『War Thunder』でのMiG-15のエックス線画像
『War Thunder』でのMiG-15のX線画像 「全遊動式」(セイバーが装備していたような)の欠如は、1000kphに近づく高速時に航空機の制御を失うことにつながりました。MiGは、セイバーに比べて最初の加速度では勝っていますが、これはセイバーが高速に達するとMiGよりも優位に立つということを意味しています。これと同様に、37mmと23mm機関砲の組み合わせは、弾道特性と速度に不慣れなパイロットには照準という問題を生みました。これらの機関砲のサイズのため、他のトップジェット機に比べて弾数も限られています。

パイロットが、MiG-15の優れた上昇率や加速、高高度での優位に立てる性能を一旦身につけてしまえば、航空機の欠点は、利点に比べれば重要ではありません。相応しいパイロットが操作して初めて、MiG-15は破壊的な戦闘機となり、ゲーム中のどの航空機相手でも素早く対処が可能となります。MiG-15の飛行時にはチームワーク、仲間とのコミュニケーションも有効であり、複数パイロットが効果的に協力することで、この航空機の最大限のポテンシャルを引き出すことが可能です。MiG-15をマスターすると、その改良型のMiG-15bisの研究ができます。

アーケードバトルで9.0のバトルレーティング、実戦とシュミレーターバトルでは9.0のバトルレーティングを持つ、MiG-15bisはゲーム中最高の航空機の一つであると共通に認識されています。ソ連パイロットで使うことができるのと同様に、ドイツパイロットもまた、ハインケルHe-162の研究後にMiG-15bisを制御できるようになります。



MiG-15の歴史

1947年12月に初飛行し、ミコヤン・グレビッチが開発したMiG-15ジェット戦闘機は、1950年代の朝鮮上空にその姿を現し、西側に大きなショックで与えました。後退翼の戦闘機は、有能で効果的な戦闘機であることをあっという間に証明してみせ、恐怖の印象を生み出しました。

北朝鮮のMiG-15Bisアメリカ空軍の手中に
プロトタイプのI-310は、RD-45としてイギリスから認可を受けて購入したイギリスのロールス・ロイス社のニーンエンジンを基調とした設計です。なめらかな後退翼と機体支持部にオート三輪を持ち、前身のMiG-9と同様の武装、2門の23mm NS-23機関砲(のちにMiG-15bisではNR-23機関砲に取り替えられた)と1門の37mm N-37D機関砲を全て機首の吸気口の下中心部に搭載しています。新しい航空機は重火器を持つ撃退者として設計され、攻撃フォーメーションを素早く取ることができ、当時の世界最新型の航空機の一つでした。

1949年から1950年の間に導入されたMiG-15は、朝鮮戦争で戦闘デビューを飾り、F-80やF-84のような国連軍の第一世代ジェット戦闘機に完全な差をつけました。MiGの優れた上昇率や高速性能や強力な武器装備は初期ジェットよりも優っていることを証明し、ノースアメリカンのF-86セイバーが唯一の競争相手となりました。その当時、セイバーはMiGと空中戦で渡り合う事ができる唯一の航空機で、両機は戦闘においては同義のものとなりました。

1950年からMiG-15はbisモデルの開発に入り、新しいエンジンの取り入れ、銃器の変更や小規模ながらも全体にわたる改善を行いましたが、航空機は結局はMiG-17の開発につながりました。MiG-15はまた、大いに成功を収めた輸出航空機でもあり、数え切れないほどの国々、いくらかの例を挙げるとポーランド、チェコスロバキア、東ドイツ、中国、北朝鮮やベトナムなどで生産された。MiG-15のライセンス生産された航空機には、中国のJ-2、チェコスロバキアのS-102/3、ポーランドのLim-1などがあります。

MiG-15は軍用機の真の象徴であり、経験豊富なパイロットがその力を発揮するのに、ゲーム内の他のどの航空機よりもふさわしい立派なトップTierのジェット戦闘機です。


著者:スコット・「Smin1080p」・メイナード