ニュース

解説
川西N1K2-J「紫電改」 2016-08-09 16:00

日本史上最高の戦闘機のひとつ、川西N1K2-J紫電改の起源は、川西N1K強風水上戦闘機の設計がされた1941年までさかのぼります。しかし、川西N1K強風が実戦に導入されたのは1943年でした。フロートの重みが、性能を発揮するのに邪魔となりましたが、機体と強力なエンジンは大きな可能性を秘めていました。1941年に生産されてすぐに、強風を陸上戦闘機に改造する提案がされました。新しい航空機は1942年12月27日に初飛行しましたが、エンジンの信頼性の問題、低い最大速度や他の問題のために満足のいくものではありませんでした。しかし、新しい戦闘機はまだ三菱A6M零戦よりは速く、三菱J2M雷電よりも長い航続距離があったので、N1K1-J紫電(「紫色の電光」)の試作許可が承認されました。しかし、紫電の飛行テストからたった数日後には、完全な再設計作業が始まりました。生産が簡潔化され、著しく軽量化し、1944年にN1K2-J紫電改という名前の戦闘機となり、実戦に急いで投入されました。

1990hp中島ハ-45-21型誉エンジンのパワーをもって、九九式二十ミリ二号機銃四型を4門という重武装を搭載し、紫電改は非常に有能な戦闘機としての地位をすぐに確立しました。まだエンジンの信頼性に問題はあったけれども、F4UコルセアやF6Fヘルキャットのようなアメリカのトップ戦闘機と互角以上に渡り合う事ができるほど十分な速さを持っていました。紫電改は優れた敏捷性を持ち、自動防漏式の燃料タンク、十分な量の兵器、防弾の風防ガラスを含む堅固な構造をしていました。これらの事がこの航空機に重度の戦闘ダメージにも耐えられるようにしました。標準以下の上昇率を別にして、最大の弱点は効果的な過給機の欠如があり、高高度での性能を発揮する妨げとなりB-29スーパーフォートレス大型爆撃機を撃退するのに限界がありました。

戦況が帝國にとって悪くなるにつれて、緊迫した日本の産業界はN1K2-Jを限られた数だけしか生産する事が出来ませんでした。たった428機の紫電改が生産され、結果紫電改はわずかな数のエリート戦闘機部隊に組み込まれました。紫電改のパイロットで最も有名なのは、おそらく武藤金義で、34機の撃墜が記録されている戦闘機のエースです。彼が行なった交戦の一つに、12機のF6Fヘルキャット相手に単独で戦い、4機を撃墜し残りを撤退に追いやったということがあり、彼はこうして名声を得ました。

『War Thunder』では、N1K2-J紫電改は、バトルレーティング6.3のTierⅣの日本戦闘機でA6M零戦生産ライン直属の後継です。最大速度595kph、旋回時間はたったの19秒ですが、紫電改の現実世界の弱点であったように上昇率は一流以下でたったの12.8m/sでした。しかし、武装の面においては、紫電改は力強いものを搭載しています。4門の20mm機関砲は強力な火力量を持ち、900発(1門に225発)という豊富な弾薬は複数の標的を倒すことが可能し、まだ大量の弾薬をとっておけました。さらに、爆撃機の撃墜能力を増強するのに2発の82mm径非誘導ロケットを搭載でき、あるいは特攻用に500kgまでの爆弾を搭載が可能です。そして、何よりも紫電改の堅固さを忘れてはいけません。日本戦闘機にとっては稀なことではありますが、紫電改は多くのダメージにさらされても、まだあなたを無事に帰還させることができます。

どういうわけか遅いが機敏であるという零戦のプレイスタイルをマスターしたならば、N1K2-Jは、真新しいものではなく、堅固さ、火力量、スピードを著しく増強したものとなります。バトルレーティング6.3の敵機があてがわれるので、F8Fベアキャット、ホーカーテンペストMk.Ⅴあるいはグリフォンエンジン搭載のスピットファイアⅩⅣのような最上級プロペラ戦闘機と主に相対するでしょう。これらの戦闘機はより高く、より速く飛行できるが、旋回では苦しみます。敵機を旋回戦闘に引き込んで、優位な敏捷性を活かして彼らを照準に捉えましょう。

紫電改は、そのバトルレーティングのために、P-80AやグロスターミーティアF.Mk.3のような下級のジェット戦闘機相手に戦闘する機会もあります。これらの戦闘機に対して、スピード不足の問題はいつもに増してじれったい問題ですが、旋回の優位はより大きくなります。これらの敵機に対しては、ジェットのスピードを使います。繰り返し相手が追い越してくるのを避け、素早く動いて照準を定めさせないようにし、ジェットパイロットがミスを犯すのを我慢強く待ちましょう。もう一つの実行可能な戦術は、すでに戦闘中のジェット戦闘機を探すことです。こうした機は、よくスピードと燃料が低くなっています。戦闘に集中し周りへの注意を欠いているタイミングを狙って、後ろから忍び寄りましょう。

敵機ほど速くはありませんが、優れたマニューバに強力な火力量と堅固さを兼ね備えた紫電改は、最も頼りにもなる存在になりえますし、倒すのがとても困難な存在にもなりえます。紫電改を使い続けた場合には、いずれかの特攻機の改良型、追加の搭載爆弾を持つ紫電改N1K2-Jaか、非常に速い航空機で4門の30mm機銃という強力な火力量を持つエキゾチックな九州J7W1震電カナード翼戦闘機の研究が可能です。


著者:ジャン・「RayPall」・コザック