ニュース

解説
P-47N- :青天の霹靂 2016-08-16 10:00

War Thunderに登場する最初のP-47シリーズのN戦闘機で、生産されたサンダーボルト戦闘機シリーズの最新版です。
驚くほど早く、そしてパワフルな「P-47N-15」をお楽しみください!


第二次世界大戦中、多くの成功を収めた戦闘機は長い時間をかけて近代化が進められました。
アメリカの「P-47」も例外ではありませんでした。
当初からするとだいぶ変化が見られますが、バブルキャノピーと丸みを帯びた翼端を搭載した戦闘機は、
大量に生産されたシリーズDだったと認識できるものでした。
しかし、この戦闘機の改良はこれだけでは終わらず、1943年には早くも、「リパブリック」社が新型の戦闘機を造り、
「P-47」シリーズの最も優れたバージョンとなりました。この戦闘機はN型と指定されました。







アメリカ空軍は長距離に対応できる護衛戦闘機を手に入れるため、「P-47N」の開発に取り組み始めました。
しかし、戦争の終わり頃に、北アメリカの軍用機「P-51D」が出現したために、
リパブリックは、アメリカの指導者により「P-47」が製造から除外されてしまうことを恐れていました。
「P-47」は、素晴らしい速度で飛行できました。
しかし、それは高度にいる時に限定され、その範囲が指揮官の新しい要求には不十分なものであったためとなります。







政府からの信頼と州の補助金を受け取ることで、リパブリックは、「P-47」の新しい翼の開発のために全力で取り組みました。
その結果、燃料タンクを追加し、より優れた補助翼とその横傾斜の操縦性を改善するために、翼端を僅かに切り取りました。
それと同時に翼長を増加させ、また着陸装置を更に離れた場所に備え付けました。
最初にその試作品には、「N-15」のプラット・アンド・ホイットニーR-2800-57エンジンが備え付けられ、アップデートされたR-2800-73に変更されました。
試験の中で、その戦闘機は全ての専門家たちの期待を超える結果を見せ、「P-47N」は全ての点において前進のD型を上回っていました。この新しいモデルの一番の長所はそのスピードで、最初のシリーズで生産されたモデルは、時速466マイル(毎時750キロメートル)以上の速度を示しました。







「P-47N-15」は200機建造され、戦闘での粘り強さを証明しました。
もちろん、「War Thunder」でも同じことができるようになります。この戦闘機は、ゲーム内でランクIVに位置づけられます。
この戦闘機は、伝説的な「P-47D」の開発以来、急角度の上昇戦術、低空飛行によって愛好家に高く評価されています。
その戦闘機は、優れたスピードで際立つばかりでなく、大演習の後のエネルギー保存もまた素晴らしいものがあり、
P-47Nは質の高い慣性下で動きます。







新しい戦闘機は、ゲーム上で最速のピストンエンジンを搭載した戦闘機の一つとなります。
サンダーボルトは、今でもスピードマッチで近年の「P-51」や「Fw.190」の戦闘機と競うことができます。
高スピードでの操縦性やコントロール性の強化が、より効果的な闘いを可能とし、各攻撃の確率をより高めてくれます。

新しい「P-47N-15」はきっと気に入ってもらえると確信しています。それでは、「War Thunder」のバーチャルの空で会いましょう!