ニュース

解説
M4A5:カナダの訓練生 2016-08-16 10:10

珍しい車両に興味がある人に吉報です。
『War Thunder』の風変わりなシリーズに、
中戦車の「M4A5」が追加されました!



カナダの巡航戦車である「RAM Mk.II」は「M4A5」と称されて、アメリカ軍に歓迎されました。
優れた外観をもつこの車両は、アメリカの「M3 Lee」を基にして製造され、
「M4A5」は1942年から1943年までの間に1899台が生産されました。
戦場で敵と戦闘をすることはありませんでしたが、この戦車はカナダとイギリスの戦車訓練に利用され、
開発途中だった「自走砲」(セクストン自走砲)や他の車両の土台となりました。







まず、この車両の経歴以外の珍しい特徴は、その外観にあります。
車体には滑らかな輪郭や特別な防盾があり、この戦車は他の連合軍の車両より際立った存在感があります。
また、この戦車の武装にはQF Mk III 6 pdr (57 mm)砲が搭載されており、この砲が設置されているイギリス戦車を、
既に研究されたプレイヤーはご存知のように、QF Mk III 6 pdr (57 mm)砲の精度、射撃速度、強力なダメージは、
ランクIとIIの戦車に対して深刻な脅威となります。
さらに、このレベルの戦車としては優れた装甲を持ち合わせており(正面の装甲厚が3インチになります)、
生存能力の高さが、この戦車のもう1つの特徴です。







この車両は戦闘で様々な状況に臨機応変に対応が可能で、その当時の戦車と比べてとても万能です。
装甲を活かして対戦相手に力で押し勝つことも可能です!
戦略要点をとらえるために陣地転換をすることも問題ありません!
敵陣に突入して、相手の正面装甲に何発も砲弾を撃ち込む事もできます!
その上、この戦車にはリサーチ・ポイントとシルバー・ライオンのボーナスがあります。







この装甲車両はアメリカの陸軍ツリーの、ランクIIの課金車両です。


それでは戦場でお会いしましょう!