ニュース

解説
Me163 コメート- 小さくパワフルな機体 2016-10-23 19:50

1944年7月、小型の機体がB-17爆撃機のフォーメーションを引き裂きました。
銃座は十分な旋回速度を出せず、速度についていくこともほとんどできませんでした。
B-17は攻撃を受けなかったのにも関わらず、この事件は爆撃機の乗員に大きな衝撃を与えました。
どこからともなく出現した敵の戦闘機は、追いかけるにはとても速く、狙うには小さすぎました。
その後、P-51戦闘機もこの小さな機体を前に無力を感じました。
この革命的な戦闘機は初期の最も素晴らしいロケット機であり、『War Thunder』が朝鮮戦争時代のジェット機と
同等のBRを割り当てることになった理由がわかることでしょう!



RANK V: Me 163 B
射撃量(kg/s): ~ 7.6 kg/s
最高速度: ~ 954 km/h at 4,500 m
最高高度: ~ 15,000 m
装備: ~ 2x 30mm Mk 108
この機体の愛称「コメート」は戦闘機ではありませんでしたが、
偉大な航空機のパイオニアである1人アレクサンダー・リピッシュが開発しました。
第一次世界大戦では、航空機研究を牽引する一流の企業であるツェッペリン社に雇われました。
そして、彼は無尾翼機に興味を持つようになり、
ヴェルサイユ条約で規制されていたにもかかわらず、
エンテ(カナード、フランス語で「鴨」)や無尾翼機の実験や開発を行いました。
1928年、ロケット動力では無名でしたが、有名な自動車会社の息子であった
フリッツ・フォン・オペルはロケット動力の機体を作りたいと思っており、
リピッシュのエンテ(鴨)はまさにもとめていたものでした。
エンテは2回目の飛行で破壊され、オペルは自身のデザインの作成をはじめましたが、
ロケット動力の機体はリピッシュによるものでした。

1930年代終わりには、ついにMe 163となる基本的な設計が具体化してきました。
エンジンは、信頼できるRATOの製作者でもある
ヘルムート・ヴァルター株式会社で作られたものが最終的に選ばれました。
1939年1月2日、リピッシュはより素晴らしい製造能力を持つ
メッサーシュミットのグループに参加し、実験用の機体を完成させました。
1940年にテスト飛行を成功させた次の型であるMe 163Aは、
開発が中止されたBf 163からRLMの機体番号を偽装して再利用し、
1941年9月1日に初飛行しました。
驚異的な性能でしたが、最新の技術は安定性がなく、危険なものでした。
始めは優先的なプロジェクトではなかったこともあり、
より本格的な戦闘にも対応できるMe 163Bの準備を万全にし、その歴史が始まるまでに2年かかりました。






この機体を捕まえるのは難しいですが、撃墜するのは難しくありません。
6分間というとても短い燃料タンクが急所で、コメートの燃料がなくなるまで回避し続けられれば、撃墜は簡単です。
それでもなお、訓練されたコメートのパイロットはその欠点を克服することが可能で、マップの上のほうに急上昇し、
スロットを切って400 km/hで滑空する事ができます。
全ターゲットが下にいる場合を除き、上空5000m以上にとどまるのが一番効率的で、
垂直方向の巧みな操縦は大切なエネルギーを温存することができます。
この機体はとても丈夫であり、素晴らしい操縦でのみ翼を破壊することが可能です。
逆に最上位のジェットは追いかけず、高度を保ち、最上位のジェット機を呼び寄せてください(彼らはやってきます)。
相対速度は、最高度に達した操縦士視程、G-耐久値などが必要となり、もちろんExpertの操縦能力も必要です。
まず、30mm弾をアンロックし、残りは好きなように進めてください。



機体の良い点と悪い点:

良い点:

・ 素晴らしいパフォーマンス
・ 強力な武器
・ 小さいターゲット
・ 高スピード
悪 い点:

・ 燃料供給が不足しやすい
・ ダメージを受けやすい
・ 着陸が難しい
・ 弾薬が限られている



スロットルを0から100%に踏み込むと、操縦士はシートに押しつけられます。
現実の操縦士は、2秒間ほどで0mから9000m (30,000ft)に上昇したときに似たような経験があるでしょう。
腸内ガスの予防のために厳しいダイエットをさせられたり、山頂で訓練したりというのはプレイヤーが見逃せない歴史の細部の1つです。
全てが見事に作用したときに完璧な対戦が可能でしたが、このような機会はとても稀で、
最終的には約12機が攻撃され目標を達成することはありませんでした。






コメートは戦闘機としては落第ですが、最も革命的な航空機であり、最初に1000 km/hを越えるなど、たくさんの世界記録に到達しました。
この機体はその後の多くのロケット機であるKi-200、 X-1、 X-15に影響をあたえ、スペースシャトルもこの小さな航空機の子孫です。
リピッシュ博士は飛行にも大きく貢献し、戦後はコンベア社で彼が設計したデルタ翼機の開発が行われ、
この技術は結果的にF-102、F-106、 B-58が採用され、コンコルドやスペースシャトルの姿にも影響を与えました。
この小さな航空機は文字通り航空機の形を変えました。


Author: Joe “Pony51” Kudrna