ニュース

解説
7U型駆逐艦 2017-05-06 15:00

Download Wallpaper 1280x1024 | 1920x1080 | 2560x1440




ソビエト艦隊に7U型駆逐艦が新しく追加されます。
このクラスの艦は、第二次世界大戦の初期の頃からソビエト連邦の防衛に従事しています。








   プリβテストの参加メンバーはこの駆逐艦をいち早くテストすることができます。
 そしてテストの結果は今後の艦隊の開発に役立ちます。



海軍士官は、『War Thunder』で、7U型駆逐艦の長所と短所を合わせた全てをお楽しみいただけます。
7U型駆逐艦は、 比較的遅いものの、とても打たれ強い、優れた艦です。
彼女の主な動力システムは、2つのエンジンルームと2つのボイラールームとで構成されています。
このソビエトの巨人は約60,000馬力を誇り、36–38ノット(最大70 km/h)というまずまずの速度に達することができます。
271名の乗組員を乗せることができ、彼らの大部分は艦の巨大な兵器に従事しています。
駆逐艦は130mm砲を装備しており、2基は艦首、別の2基は艦尾にあります。
さらに、3連装の自動火器という形で、魚雷を装備しており、この魚雷で4基の大砲の威力を増強します。
複数の口径をもつ対空兵器も備えており、艦尾には76 mm砲2基、
最初の煙突の後部には45mm半自動砲3基、駆逐艦の前部には12.7mm DShK 機銃4基があります。







『War Thunder』での7U型駆逐艦の主な目標は自身の”クラスメイト”となる駆逐艦を迎え討ち、機動中の小艦隊に対して砲撃支援を行うことです。
高射砲の位置は理想とかけ離れているので、射撃は制限され、空からの攻撃に対しては比較的脆くなっています。
とはいえ、巨大な7U型駆逐艦を破壊することは簡単なことではありません。
そのため、士官は戦闘の間、操艦と砲の照準に集中すべきです。
高い能力をもった乗組員でも、主砲を再装填するのに11秒以上かかります。
しかし、対戦相手は、魚雷の命中も艦の航行を止めるには十分すぎるほどですが、
130mm砲弾は壊滅的な被害をもたらすということをはっきりと知ることになるでしょう。










公式のお知らせに注目し、War Thunderの最新情報を誰よりも早く手に入れましょう!次回の更新をお待ちください!