ニュース

解説
マーチン167-A3:アメリカの傭兵 2018-03-01 23:47


Download Wallpaper:     1280x1024  1920x1080  2560x1440 



マーチン167は1930年代後半にグレン・L・マーチン・カンパニーによって開発されたアメリカの全金属製双発中型単葉爆撃機です。
DB-7が活躍したことにより、アメリカ空軍で運用されることはありませんでしたが、戦時中のヨーロッパでその活路をすぐに見出し、
フランス軍やイギリス軍といった国家で終戦まで忠実に従事しました。まもなく行われるアップデート1.77「Advancing Storm」で
マーチン167 A3が空軍ランクを強化するのを楽しみにお待ちください!




『War Thunder』では、マーチン167-A3はまもなく行われるアップデート1.77「Advancing Storm」で、フランス空軍研究ツリーの
初期ランクの爆撃機ラインに登場します。すでに『War Thunder』に実装されているフランスの爆撃機と同様に、マーチン167-A3も
同じクラスの航空機よりも優れた最高速度を誇ります。マーチン167-A3のパイロット志望の皆様は、装備されている2基の
ライトR-1820サイクロンエンジンによって、中高度において時速約500 kmに達することができます。このようなとても素晴らしい
最高速度と共に、流線型の機体によって優れた機敏性をもたらしてくれます。フランス空軍初心者のプレイヤーの皆さまも実際に
飛行を行う前に、爆撃機ラインでマーチン167-A3の後継機の操縦法を習得できるチャンスがあります。


マーチン167-A3は、内部に位置している爆弾投下室に最大800 kgの爆弾を搭載することができます。もっと機体に見合うだけの
性能があってもいいのではないか、と思っていますか?問題ありません。マーチン167-A3の他の部分が補ってくれます。
爆弾だけではなく、この航空機には翼にそれぞれ750弾を装備した7.5mm FN ブローニング機関銃が4挺搭載されています。
パイロットの皆様は、爆弾を投下した後に戦場付近で脆弱な敵と交戦することになった味方チームに対して支援を
行うことができます。基地に戻っている最中にチームメイトからの支援が受けられないことになったしても、
機体の背部と腹部の両方に旋回砲塔を装備しているため、敵の戦闘機から背後を防御することができます。





マーチン167-A3は、まもなく行われるアップデート1.77「Advancing Storm」でフランス空軍ツリーの初期ランクに
登場します。次回の大型アップデートについてのさらなる情報をお楽しみに。パイロットの皆さま、またお会いしましょう!




その他の開発ブログはこちらから





The War Thunder Team