ニュース

パッチノート
アップデート26.06.2018 (1.79.1.80) 2018-06-27 03:50

  • F4U-7:空中目標ベルトを追加しました。
  • 複数エンジンを搭載した航空機のダメージモデルを更新しました。小口径機関銃が翼に与えるダメージを更新しました。
  • 大口径航空機関砲:新たな武器モジュールを追加し、停止するまでの射撃持続時間を変更しました。
  • FJ-4B―ブローニング-コルトMk.12 Mod 3:発射速度を修正しました。翼のパイロンに取り付けられた爆弾の投下が妨げられた時、
    誤ったメッセージが表示される不具合を修正しました。爆弾倉庫の扉がなくても、爆弾は自然に落下します。
  • イタリアとフランスの爆撃機に搭載している爆弾の質量と爆発指数を更新しました。
  • 搭乗員が操縦手の位置に切り替えることができないという不具合を修正しました。

  • 海戦CBT:


  • 砲艦K-2をドイツ研究ツリーに追加しました。
  • エリコンKA 20 mm 機関砲の徹甲ベルトと12.7mmブローニング機関銃の研究に関する不具合を修正しました。
  • 艦体情報に記載されるトレントン軽巡洋艦の最高速度の数値を修正しました。
  • 上陸支援艇(L)(3):榴弾がアクションパネルで繰り返されていた不具合を修正しました。
  • 主要砲塔装甲を修正しました。砲の防御装甲を修正しました。
  • BR が2.7以下で航空機で戦闘まで向かう時の移動距離が短くなりました。
  • ロケーション「北海」と「アフリカ湾」(軽巡洋艦のミッション)のキャプチャーポイントを変更しました。



  • このチェンジログでは、今回のアップデートで行われたゲーム内の主な変更を記載しています。
    一部のアップデートされた項目や追加、修正などが記載されていない場合があります。
    『War Thunder』は定期的に改善を行っており、細かい修正等はアップデート時以外にも実装される場合があります。