ニュース

解説
カノーネンボート K-2:オランダの徴集兵 2018-06-30 20:00


Download Wallpaper: 1280x1024  1920x1080  2560x1440 



カノーネンボート K-2は1930年代後期、オランダ海軍が使用するために着工された砲艦です。
その後ドイツ海軍により鹵獲され、製造が完了したこの艦は、第二次世界大戦時に使用され、ドイツ海軍により「K型」と名付けられました。
カノーネンボート K-2は『War Thunder』では高ランクのドイツ艦艇として、指揮官の皆さまを『War Thunder』の海戦CBTで待ち受けています。



 

手短に言うと、1930年代オランダによって設計された砲艦で、第二次世界大戦時、ドイツ海軍によって使用されました。
この艦は機動性を犠牲にしている分、高い攻撃力や生存性を有しています。





『War Thunder』では、海戦CBTの参加者全員が使用可能なドイツ海軍研究ツリーのランクIIIの艦として、カノーネンボート K-2が登場します。
砲艦であるK-2は、小型の駆逐艦のように見えます。 K-2より小型な艦と同じような機動性やサイズはないものの、
K-2は、多くの駆逐艦と同等の攻撃力を有し、海戦においても十分に戦い抜くことが可能です。
2基の2連砲塔にそれぞれ搭載された4門の120mm砲を備え付けたK-2は、小型の水雷艇から駆逐艦まで、
戦闘において様々な敵と交戦するのに最適です。接近戦で主砲をサポートし、空中攻撃から防御するために、
4門の37mm砲と12門の20mm砲で構成されている、一連の軽対空砲が備わっています。




 

興味深い事実:K-2艦はエムデン軽巡洋艦の50mmより厚い60mmのベルト装甲を搭載しています!



しかし、初めてK-2を使用して戦闘に向かう際に、この艦は機敏な艦であると考えている指揮官の皆さまは驚くこととなるでしょう。
事実、K-2の最高速度は18.1ノット(時速33km)を超えることはなく、多くの小型艦や駆逐艦に比べ非常に遅いものです。
このことはK-2の指揮官の皆様が戦術を注意深く練っておかなければならないということと、窮屈な場所を避ける必要があるということです。
予期せず魚雷攻撃を受けることは、この艦にとっての終わりを意味するものだからです。





カノーネンボート K-2は『War Thunder』の海戦CBTテストで使用可能です。『War Thunder』の7つの海に惨事を引き起こしましょう!
指揮官諸君、戦闘配備!




『War Thunder』艦艇のブログはこちらから:









『War Thunder』初の軽巡洋艦

エムデン軽巡洋艦

Z-20 カール・ガルスター

USS コーウェル(DD-547)










USSトレントン

LCS(L)(3)

ジーベルフェリー SF 40 シュヴェア

USS バーカー





The War Thunder Team