ニュース

解説
SA.313B:一羽目のヒバリ 2018-10-17 03:19


Download Wallpaper:   1280x1024  1920x1080  2560x1440 



 

フランスの軽量ヘリコプターSA.313Bは、ドイツ軍に使用されている間、誘導ミサイルと無誘導ミサイルを獲得しました。
ドイツ研究ツリーで最初のヘリコプターに会いに行きましょう!





『War Thunder』では、SA.313B アルエット IIはドイツのヘリコプター技術ツリーで最初の機体となるでしょう。
大部分が構造フレームのこの軽量ヘリコプターは、ターボシャフトエンジン1基しか搭載しておらず、装備は一切ありません。
400馬力をわずかに上回る動力を出力可能なターボシャフトエンジンは、スピードを時速180kmまで出すことを可能にします。
しかし、たとえ軽量で低スピードであっても、このヘリコプターが地上車両に対して、大きな脅威を与えないわけではありません。



機体側面にある2つのユニット内にある機関銃と無誘導ミサイル(2x36 37mm SNEB)だけではなく、戦車兵と
アメリカのヘリコプターパイロットには非常に馴染みがあり、ランクIVからVIの地上戦で大変活躍したことがある、
SS.11対戦車誘導ミサイルが備わったSA.313Bを、パイロットは初めての戦闘で使用できます。
アルエット IIには4発の誘導ミサイルを搭載することができるため、本格的な戦車ハンターとなることができ、
パイロットは、簡単にドイツの技術ツリーで次のヘリコプターを獲得できる段階に進むことができます。






その他の開発ブログ:




アップデート1.83「Masters of the Sea!」での海軍テスト



HMAS ネパール(G25)



SGB 304 グレイフォックス



『War Thunder』:機雷



HMCS ハイダ:連邦の勇士



「エイブラムス」のためにミネソタへ



BO 105:攻撃ヘリコプター





The War Thunder Team