ニュース

解説
UH-1D:ドイツの「イロコイス」ヘリコプター 2018-10-18 08:34


Download Wallpaper:   1280x1024  1920x1080  2560x1440 



 

ドイツ軍に輸出されたアメリカのイロコイスで、拡大された機体や、新しい回転子系、新型のエンジンを搭載しています!





『War Thunder』では、UH-1DはランクVの機体としてドイツ軍ヘリコプターの技術ツリーに登場します。ドイツのイロコイスヘリコプターの
パイロットの皆様は、機体の2つのコンテナ部分に搭載された7.62mm六連装ミニガンや、無誘導式ハイドラ70ロケット弾、同ランクの大部分の
地上標的を貫通することが可能な6機のAGM-22対戦車用誘導ミサイルにアクセスすることが出来るようになります。



アメリカのUH-1BやUH-1Cのように、ドイツのイロコイスはランクVの戦闘に適し、またより高いランクの兵器と戦闘できる能力を秘めています。このヘリコプターは操縦席に装甲がなく、エンジンが一機しかないため、パイロットの皆様は敵兵器からの攻撃の回避方法を学ばなければ
なりません。また、初めの改良として、パイロット用の防弾チョッキを研究すると良いでしょう。対戦車用誘導ミサイルを研究する前に、
地上車両との大規模な戦闘を避け、「狙撃手」と軽装甲の車両の破壊に専念することをお勧めします。しかし、対戦車ミサイルを搭載した後は、
プレイヤーの皆様はより多くの選択肢を持てることとなるでしょう。これらの6機のミサイルは全ての戦闘において、複数の敵兵器を落ち着いて
狙撃することを可能にします。距離を保ち、ミサイルで標的を慎重に狙い澄ましましょう。対空砲の十字線外にいる限り向かうところ敵なしです!


UH-1Dは、『War Thunder』アップデート1.83がリリースされた後に、利用可能となります!




Check the previous devblogs :


アップデート1.83「Masters of the Sea!」プレオーダーパック!



HMAS ネパール(G25):空襲の生還者



SGB 304 グレイフォックス:旧技術と新時代



『War Thunder』:機雷


HMCS ハイダ:連邦の勇士



「エイブラムス」のためにミネソタへ



【事前予約】BO 105 攻撃ヘリコプター



フラワー級コルベット