ニュース

アート/メディア
特集:零戦ファミリー 2020-05-21 04:00

1937年、真新しい九六式艦上戦闘機(A5M)の運用が開始されたばかりの頃、大日本帝国海軍の上層部はすでに九六式艦上戦闘機の後継機となる航空機を模索していました。
彼らが求めていたのは機関砲を装備し、高度4,000メートルで500km/hに到達でき、さらに従来の機体が有する操縦性を完全に備えた戦闘機でした。これらの目標を達成するため、三菱工業の技術者たちは極秘のアルミニウム合金を採用し、一切の防弾装備を断念することで、新しい機体を可能な限り軽量化しようと尽力しました。
その後、1939年4月1日に最初の試作機が初飛行しました。これが「零戦」の名でも知られる零式艦上戦闘機(A6M)の物語の始まりでした。


※動画は英語音声となります。

前回の「ファミリー」シリーズはこちら


 

  • センチュリオンファミリー
  • パンターファミリー
  • KVファミリー
  • 装甲戦闘車輌(Pz.Kpfw.)ファミリー
  • エイブラムスファミリー
  • パットンファミリー
  • スチュアートファミリー
  • コブラファミリー

  •  

  • ティーガーファミリー
  • シャーマンファミリー
  • T-34ファミリー
  • ISファミリー
  • マスタングファミリー
  • チャーチルファミリー
  • スピットファイアファミリー



  • The War Thunder Team