ニュース

パッチノート
アップデート 1.99.0.85:バトルレーティング&エコノミーアップデート 2020-06-30 08:00

BR(バトルレーティング)の変更


別のタブで開く(※リンク先は英語表記となります)。


研究、購入、搭乗員の訓練にかかるコストやその他の兵器のパラメーターを変更しました(メインパラメーター一覧)。


別のタブで開く(※リンク先は英語表記となります)。


兵器の全エコノミーのインジケーターをランクに応じて変更しました。


陸軍技術ツリーの変更:


  • アメリカ:
  • M15A1 CGMC:ランクIIに移動しました。
  • M19:ランクIIIに移動しました。
  • ドイツ:
  • Begleitpanzer 57TAM:別の研究ツリーラインのSPz BMP-1の後に移動しました。
  • RakJPz 2RakJPz 2(HOT):別の研究ツリーラインのヤークトティーガーの後に移動しました。
  • イタリア:
  • 90/53 M41M75/46 M43の前に移動しました。
  • 75/46 M43:グループの外に配置しました。
  • 105/25 M4375/34 M43:グループ化しました。
  • ソ連:
  • T-55AT-62:位置を入れ替えました。
  • T-62T-62M-1:グループ化しました。
  • BMP-3オブイェークト685:ランクVIに移動しました。
  • KV-2(1939):グループの外に配置し、ランクIIのKV-1Sの前に移動しました。
  • SU-76М:ランクIのZiS-30の前に移動しました。
  • SU-152:位置をSU-85の後、SU-85Mの前に移動しました。
  • ISU-152SU-152とグループ化し、ランクIIIに移動しました。
  • 中国:
  • SU-76М(中国):ランクIのLVT(ZiS-2)の前に移動しました。
  • 日本:
  • 四式十五糎自走砲:ランクIに移動しました。

  • 空軍技術ツリーの変更:


  • アメリカ:
  • SB2U-2SB2U-3:グループ化しました。
  • A-26B-10A-26B-50:グループ化しました。
  • ドイツ:
  • Ta 152 H-1Ta 152 C-3:グループ化しました。
  • Me 410 A-1/U4Me 410 B-2/U4:グループ化しました。
  • He 111 H-16 :ランクIIに移動しました。
  • Do 217 K-1Do 217 M-1:グループ化しました。
  • ソ連:
  • IL-10IL-10(1946):グループ化しました。
  • Yak-9UTYak-3U:位置を入れ替えました。
  • フランス:
  • D.500D.501:グループ化しました。

  • 海軍技術ツリーの変更:


  • ドイツ:
  • MZ1 Jaguar-Klasse(140型):位置を入れ替えました。
  • イタリア:
  • VAS 201MS-15:位置を入れ替えました。
  • MV-611MS-472:位置を入れ替えました。

  • 戦車シミュレーターバトルでのセットアップの変更:


  • セットアップ1_5
  • 削除:T18E2、T-126
  • 追加:75/18 M41、75/32 M41
  • セットアップ2_5
  • 削除: Mk.VIA AA、T18E2、Panzerjäger I、M14/41、47/32 L40、75/18 M41、75/32 M41
  • 追加:15 cm Pz.W.42、T 34 747 (r)、75/34 M43、105/25 M43、M43「G.C.Leoncello」、M4 Hybrid
  • セットアップ3_5
  • 削除: ZSD63、M4A2(ソ連)、T-50、75/34 M42
  • 追加:T18E2、75/46 M43
  • セットアップ8_5
  • 重戦車のリスポーンポイントのコストを450RP(リサーチポイント)に増加しました。
  • セットアップ8_2_5
  • 削除:オブイェークト906、T-10
  • セットアップ10_5
  • 削除:センチュリオン アクション X、Begleitpanzer 57、スウィングファイア、M247、M60A3 TTS

  • 航空シミュレーターバトルで、セッションの最大BRを超えているため使用できないはずの航空機を
    スロットに入れることができていた不具合を修正しました。



  • このチェンジログでは、今回のアップデートで行われたゲーム内の主な変更を記載しています。
    一部のアップデートされた項目や追加、修正などが記載されていない場合があります。
    『War Thunder』は定期的に改善を行っており、細かい修正等はアップデート時以外にも実装される場合があります。