ニュース

アート/メディア
『War Thunder』:フランス主力戦車 2020-09-17 08:00

第二次世界大戦の最中、長年の占領と闘争によりフランスの戦車産業は終わりを迎えました。
暗黒の時代にも関わらず、フランスのレジスタンスの技術者たちは独自の戦車を設計し続けましたが、生産の実現は望めませんでした。

しかし、フランス国家が解放されるとすぐさま産業の再建が行われました。
1940年代後半までに、フランスはARL-44の生産シリーズにおける最初の戦車を手に入れ、
揺動砲塔を搭載した大胆で新しい軽戦車の設計を持つAMX-13の生産を開始する準備をほぼ整えていました。

※動画は英語音声となります。


The War Thunder Team