ニュース

パッチノート
アップデート 18.11.2020 (2.1.0.28) 2020-11-19 04:00

  • 格納庫内に固定された兵器が、次のバトルで使用可能として表示されていた不具合を修正しました。
  • インペラトリッツァ・マリーヤ、ポルタワ、HMS コロッサス、USS ノースダコタ:装甲帯や傾斜などの垂直な要素に取り付けられた装甲を
    修正し、均質装甲から硬化装甲に変更しました。

  • サウンド

  • リスポーンポイント周辺のプレイヤーに聞こえていた、高密度で断続的に発生していた味方兵器のエンジン音を修正しました。
  • 搭乗員や味方の無線通信の音量を増加しました。
  • 連続射撃される砲弾のサウンドが周囲のサウンドピクチャーをかき消さなくなりました。
  • 味方および敵のヘリコプターにおけるエンジンと回転翼の音量を増加しました。
  • T-80のエンジンにおけるタービンの音量を増加しました。
  • T-90Aのエンジンに低音をさらに追加しました。
  • 地上車両の機関砲の音を、距離に応じてより自然に聞こえるよう変更しました。
  • 味方および敵の地上車両の加速音を、メインエンジンの音量と一致するよう変更しました。



  • このチェンジログでは、今回のアップデートで行われたゲーム内の主な変更を記載しています。
    一部のアップデートされた項目や追加、修正などが記載されていない場合があります。
    『War Thunder』は定期的に改善を行っており、細かい修正等はアップデート時以外にも実装される場合があります。