ニュース

解説
E.B.R.(1954) 2020-12-19 14:55


Download Wallpaper:   1920x1080  2560x1440  3840x2160 



E.B.R.(1954) フランス プレミアム ランクIII


 

この兵器は【特別イベント】Operation「W.I.N.T.E.R.」限定報酬となります。


 

第二次世界大戦が勃発する前、Panhard(パナール)社は8x8軍用全地形対応車両の試作型を開発しました。
この車両の前輪および後輪のタイヤはゴムタイヤとなるため旋回可能ですが、中央の二組の金属製タイヤは旋回しません。
フランス陸軍は600両のE.B.R.を発注したものの、戦争の勃発およびフランスが占領下に置かれたことで、
これらの車両が製造されることはありませんでした。
戦後、興味深い設計を持つこの車両の計画が再開されました。75mm砲を装備した揺動式砲塔をホイールベース部分へ搭載することにより、
この全地形対応車両は軽装輪戦車に変貌を遂げました。
その後、この車両の基本モデルは、変わった設計を持ついくつかの軍用車両の基盤となりました。
また、興味深いことに、このPanhard(パナール)社の全地形対応車両は、
フランス第五共和政大統領であったシャルル・ド・ゴール将軍の葬儀にて、彼が収められた棺を運ぶ役割も果たしました。


E.B.R.(1954)は、Panhard(パナール)社の8x8全地形対応車両のシャーシに、
プレイヤーの皆さまにとってお馴染みのFL.10砲塔と75mm砲を搭載した偵察用の軽装甲車両です。
全体的に独特な外観に加え、この車両は優れた戦闘能力を誇ります。
揺動式砲塔と自動装填装置、そして優れた砲を搭載しているおかげで素早い砲撃が可能なE.B.R.が、
フランスの中ランク装甲車両のセットアップに新たに加わります!




The War Thunder Team