ニュース

解説
第十三号型駆潜艇 1942年仕様(Type K-8/Class No.13 (1942)) 2020-12-20 18:15


Download Wallpaper:   1920x1080  2560x1440  3840x2160 



第十三号型駆潜艇 1942年仕様 日本 プレミアム ランクII


 

この兵器は【特別イベント】Operation「W.I.N.T.E.R.」限定報酬となります。


 

第十三号型駆潜艇は、第二次世界大戦時代の典型的な日本の「モスキート・フリート」で、
このクラスの艇の全長は縮小されていますが、当時のその他の駆潜艇と比較すると艇体の幅は増加しています。
その結果、この艇の排水量も増加しており、堪航能力には好影響を及ぼしています。第十三号型駆潜艇1942年段階の兵装は、
76mm砲と13.2mm連装機銃2挺、そして爆雷で構成されています。


第十三号型駆潜艇 1942年仕様は、初級ランクとして「Coastal Fleets(沿岸警備:小型艇)」に登場する艇です。
日本海軍愛好家の皆さまには馴染み深い25mm機銃で強化された後期改良型と同様に、1942年仕様の第十三号型駆潜艇も
生存性が優れています。装甲が乏しいにも関わらず、大型の艇体と乗員数の多さから、この艇は多くの攻撃に耐えることができます。





The War Thunder Team