ニュース

解説
フォッカーD21:フライングダッチマン 2021-02-17 08:00


Download Wallpaper:   1920x1080  2560x1440  3840x2160 



1930年代半ばに有名なFokker(フォッカー)社によってオランダ空軍のために設計されたフォッカーD21は、
第二次世界大戦中、主にフィンランド軍からの評価を獲得した戦闘機です。

 

簡潔に言うと、戦間期のオランダ製戦闘機で、あらゆる面でバランスの取れた特性を備えていました。


 

フォッカーD21 戦闘機 スウェーデン プレミアム ランクII

 

長所

  • 良好な操縦性を有する点
  • 優れた上昇率を有する点
  • 20mm機関砲を搭載している点
  •  

    短所

  • 最高速度が控えめな点
  • 副武装が乏しい点
  •  





    『War Thunder』では、フォッカーD21は次期大型アップデートのリリースに伴い、新たなプレミアム戦闘機として
    スウェーデン空軍ツリーの低ランクに登場します。あらゆる面で優れた性能を備えたフォッカーD21は、
    スウェーデン空軍ツリーのランクを上げようと努めている新米パイロットの皆さまにとって理想的な戦闘機となっています。



    フィンランドが最初に受け取ったD21のこの独自の改良型は、火力をアップグレードした時の航空機の実行可能性をテストするために、
    翼に取り付けられた機関銃がエリコン20mm機関砲へと置き換えられました。この機体は信頼性の問題から後に当初の武装へと戻されましたが、
    『War Thunder』のパイロットの皆さまは、このプレミアム機体であるフォッカーD21の独自の改良型をゲーム内コレクションに
    加えることができ、同時に、戦闘内の各行動に対してプレミアム兵器の恩恵を受けることができます。


    『War Thunder』の次期大型アップデートにて、フォッカーD21がスウェーデン空軍ツリーに登場します。
    それまでは、『War Thunder』の次期大型アップデートに関する情報も、最新の記事で忘れずに確認しましょう。
    それではパイロットの皆さま、空での一掃をお楽しみください!



    The War Thunder Team