ニュース

解説
M3A3ブラッドレー:強化された騎馬 2021-02-18 19:15


Download Wallpaper:   1920x1080  2560x1440  3840x2160 



M3A3は、アメリカの伝説的な戦闘車両であるブラッドレーの後期改良型で、湾岸戦争で得られた経験に基づき
1990年代後半に開発されました。まもなく登場する『War Thunder』の次期大型アップデートでは、
アメリカのベテラン戦車兵の皆さまに、この改良型のブラッドレーを指揮する機会が訪れます!

 

簡潔に言うと、火力と防御が大幅に改良されたM3ブラッドレーの派生型です。


 

M3A3ブラッドレー 軽戦車 アメリカ ランクVI


長所

  • より強力なTOWミサイルを搭載している点
  • 改良した防御を有する点
  • 改良したエンジンを搭載している点

  • 短所

  • 重量が増加している点
  • 機動性が高くない点
  •  





    『War Thunder』では、このM3A3ブラッドレーがアメリカ陸軍ツリーのトップランクに登場し、軽戦車ラインを更に拡大します。
    ゲーム内に既に登場しているブラッドレーの基本型と比較すると、M3A3は多くのアメリカベテラン戦車兵の皆さまにとって
    好ましい改良が多数施されています。それでは、この傑作が有する特徴を詳しく見ていきましょう。

    ブラッドレーのA3型が有する最も注目すべき改良点の一つに強化された装甲防御があり、
    これは同じ種類の他の車両にとっては非常に手強い相手となります。



    防御性が大幅に改善されたブラッドレーですが、火力もまた例外ではありません。
    主武装として同様の25mmチェーンガンを搭載しているにもかかわらず、ブラッドレーのミサイル武装はより高度な
    TOWミサイルを発射できるようアップグレードしました。その結果、M3A3はTOW-2AとTOW-2Bの2種類のTOWミサイルを
    発射可能になりました。両者とも皆さまお馴染みのTOW対戦車用誘導ミサイルよりも優れたバージョンであり、
    前者は爆発反応装甲を破壊可能なタンデム弾頭を有し、後者は非常に致命的なトップアタックが可能で、
    障害物に隠れている敵の薄い上部装甲を狙うことができます!

    M3A3の火力と防御性の大幅な改良に伴い車両の重量はさらに増加し、結果として車体重量は29.9tに達しました。
    ブラッドレーには改良型の600馬力出力可能なエンジンが搭載され、これにより重量の増加が僅かに相殺されています。
    しかし、全体的に見ると、ブラッドレーの機動性は先行車両と比較すると劣ります。とは言え多くの戦車兵の皆さまは、
    機動性をある程度失ったとしても、この車両が有する防御性と火力を強化することに魅力を感じるでしょう。



    最後に、M3A3ブラッドレーには偵察能力を更に向上させる小改良が施されています。
    レーザー測遠機と戦車長用の熱線映像装置を装備しているため、双眼鏡ビューで熱線映像装置を利用することが可能となり、
    昼夜問わず敵の発見が容易になります。

    M3A3ブラッドレーは、『War Thunder』の次期大型アップデートにてアメリカ陸軍ツリーのトップランクに登場します。
    それまでは、『War Thunder』の次期大型アップデートに関する情報も、最新の記事で忘れずに確認しましょう。
    それでは戦車兵の皆さま、よい狩りを!



    The War Thunder Team