ニュース

解説
部隊兵器(Squadron vehicles):レオパルト2PL 2021-03-03 22:35


Download Wallpaper:   1920x1080  2560x1440  3840x2160 



『War Thunder』の次期大型アップデート「イクルワストライク(Ixwa Strike)」にて、
新たな「Squadron Vehicle(部隊兵器)」として主力戦車であるレオパルト2PLを入手可能となります。

レオパルト2PL 主力戦車 ドイツ ランクVII


長所

  • 砲塔の防御が改善された点
  • 熱線映像装置を搭載している点
  • 最新のHE弾(榴弾)DM11を有する点
  • 短所

  • 車体の防御性が不十分な点
  •  





    『War Thunder』の次期大型アップデート「イクルワストライク(Ixwa Strike)」に伴い、
    新たな「Squadron Vehicle(部隊兵器)」としてレオパルト2PLが登場します。砲塔における追加のモジュール装甲が
    この戦車のHE弾(榴弾)に対する防御を大幅に、運動エネルギー弾に対する防御を僅かに増加しています。
    また、アップグレードされた射撃統制システムにより、ゲームに新しく登場するプログラム制御可能なHE弾(榴弾)DM11や
    効果的なAPFSDS弾(装弾筒付翼安定徹甲弾)DM33といった高度な弾薬を使用可能です。



    レオパルト2PLの射撃統制システムは高度な砲安定装置や、暗視装置、熱線映像装置、レーザー測遠機など、
    近代的な主力戦車において主要となる全ての要素を有しています。しかし、砲塔のモジュール装甲による車体の
    重量の重さを理由に、レオパルト2A4の車体装甲をそのまま引き継いでいるため、レオパルト2PLは特に
    車体側面からの攻撃に対して脆弱となっています。


    『War Thunder』の次期大型アップデート「イクルワストライク(Ixwa Strike)」に伴い、
    「Squadron Vehicle(部隊兵器)」としてレオパルト2PLが登場します。
    それまでは、最新の記事を忘れずに確認しましょう!



    The War Thunder Team