ロケーション「氷原」と新しい海軍任務「護送」

プレイヤーの皆さまへ

プリβの期間中に皆さまは海戦の開発に貢献してくれました。
テストでは素晴らしい意見を集めることができ、ゲームの海軍パートを開発していくことができます。

現在、新しい任務のテストを内部で行っており、これはユニークで、これまでにゲーム内にあるようなものではなく、
2017年の初めに海戦のテストに参加したプレイヤーとテストを続けたいと思っています。
全速前進して参りますので、順調にいくように幸運を祈っていただけると幸いです!


私たちはプレイヤーの皆さまに海戦のための新しいロケーションと任務を紹介することができ誇りに思います。
北へ航海し、優秀な大型武装をした新しい船を初めに試しましょう。







海軍のプリβの一部として、私たちは新しい任務と軍艦をご紹介します。
新しいロケーションや任務はすでにお試しいただいたものからは大きく異なり、ゲームプレイもわずかに異なります。
ロケーション「氷原」ではプレイヤーが新しい大型船や武装船を試す場所として外海での海軍作戦を行います。
これらの船は火力に優れ、残存性は水雷艇以上ですが、この船は遅く操縦性に劣ります。
指揮官は魚雷の方向に注意をしましょう。







新しい任務の目標も異なります。
ここでは敵の輸送船を破壊し、自身の船を守らなくてはなりません。
任務「輸送」では、すでにご存知のSP(スポーンポイント)システムを使用します。
任務の開始で、全プレイヤーは小型のボート(ソ連のProject 183またはドイツのS100ボート)を所有します。
戦場で効果的に動き、敵の船や輸送船を破壊、またはダメージを与えた場合には、プレイヤーは大型の船や攻撃機に使用できるSPを獲得できます。
小型のボートはリスポーンにRPを必要としません。


敵の護送されている船を全て破壊し、勝利のために自身の護送船を保護しましょう。
簡単そうに聞こえますが、艦隊はなかなか手に負えないものです。
輸送船でさえ防御兵器を備えているため、機関砲に気をつけてください。
一度に複数のプレイヤーが異なるタイプや種類の船、軍艦と航空機を両方とも取り入れて攻撃を行うことでのみ成功が見込めます。







この新しい任務と船のご意見をお待ちしています。
戦場でお会いしましょう!


The War Thunder Team!




Previous Development Blogs:

・ 新しい戦艦と日本陸軍が初登場!
・ PT-810 : アメリカのリヴァイアサン
・ S-100型(1945年):公海のマスター
・ 11号型 PT-15:沿岸警備隊
・ 183型魚雷艇「ボリシェヴィキ」:スピードとパワー
・ フェアマイルD型魚雷艇 --ドッグ・ボート--
・ T-14型魚雷艇:単一エンジンの海の旅人
・ 1124型河川装甲艇:水上に浮かぶカチューシャ
・ PT-109 -ケネディの魚雷艇-
・ 装甲砲艦プロジェクト186
・ G-5級魚雷艇:小さな厄介者
・ エルコ社製77フィート型魚雷艇PT-20:強力な予備部隊
・ フェアマイルC型機動砲艇 - 噛み付くグレーハウンド
・ D-3級魚雷艇:北の戦士
・ 新ロケーション:閉鎖された工場
・ War Thunderにおける油圧式サスペンション
・ 74式戦車:最高の技術
・ 三式中戦車 チヌ II - 蹲ったティガー
・ 日本軍の装甲車両 - 初期研究ツリー
・ 八九式中戦車「イ号」甲型:第1シリーズ
・ 三式砲戦車 ホニIII:日本のマルダー
・ 61式戦車:日本式パットン
・ 三式中戦車 チヌ:最後の砦
・ 特二式内火艇:海岸警備
・ 九七式中戦車 チハ:陸軍の希望
・ ST-A1(61式戦車第1次試作車第1案):新時代への1歩
・ ST-A2(61式戦車第1次試作車第2案):目標へ近づく1歩
・ 一式中戦車 チヘ 最新の最上級品
・ ソキ:巧みに逃げる連装砲
・ オブイェークト 906:川のモスキート
・ ロッキード B-34:ハドソンの後継機
・ Тu-14T:最速の雷撃機
・ ZiS-43:大きな砲撃が必要な時
・ 短十二糎自走砲(短砲身のチハ):軍艦の口径
・ La-11:最後の同種類の機体