アップデート 02.07.2021 (2.7.0.95 - PC)

  • ヒストリカルキャンペーンのミッション「南太平洋海戦」が、リアリスティックバトル(Realistic Battle:RB)で再度利用可能になりました。航空母艦も破壊可能です。
  • 砲弾視点カメラは、装填されて射撃準備ができた際に射撃ボタンを長押しした場合にのみ、カメラが砲弾を追従するようになりました。砲弾の追跡が機関砲類の射撃を妨げることはありません。
  • 海戦の開始時や格納庫で、白い泡が短時間表示されていた不具合を修正しました。
  • PC:OpenXRのインタラクション(相互作用)性(VRヘッドセット)を改善し、クライアントがクラッシュする可能性をさらに低減しました。また、一部のハードウェアにおけるパフォーマンスを向上しました。



  • このチェンジログでは、今回のアップデートで行われたゲーム内の主な変更を記載しています。
    一部のアップデートされた項目や追加、修正などが記載されていない場合があります。
    『War Thunder』は定期的に改善を行っており、細かい修正等はアップデート時以外にも実装される場合があります。