ニュース

解説
フレッチャー級駆逐艦 2017-06-24 22:20

Download Wallpaper: 1280x1024 | 1920x1080 | 2560x1440



 

 
プリβテストのメンバーはこの駆逐艦を今後実施予定テストのうちの一つとしてテストすることが可能です。
そしてこのテストの結果は今後の艦の開発へと役立たせていただきます。

 

アメリカ海軍のフレッチャー級駆逐艦は1940年代初めに導入され、第二次世界大戦後も他の国家にて活用されました。
一連の任務を通して、そのような象徴的な地位を得た艦艇は他にはほとんどありません。
この海軍の伝説が今後の海軍テストセッションの一つで配置されることで、勝敗の行方を左右することになると、戦史ファンの殆どがすぐに分かることとなります。



実際のフレッチャーにあった性能を上回ることは難しいですが、『War Thunder』にてこの艦の未来の指揮官は、様々な武装を駆使し激戦を繰り広げることとなります。
127mm機関砲が備わった5つの単装の回転砲塔から、船の中央部で2基に分かれて設置されている10の533mmの魚雷管に至るまで、攻撃をするための武装は堂々とした恐怖心を起こさせる配置となっており、どんな敵であってもすぐに海の底に沈ませることができるという自信があります。
そしてプレイヤーが主砲か、魚雷管を使って敵の艦と交戦するのに忙しい間、空に対して要撃する射撃手が船の甲板のいたるところに均等に分散されて配置してある対空砲でどんな戦闘機も近づけないように破壊的なダメージを与えます。
フレッチャーにはエリコンKA 20 mm 機関砲とボフォース 40mm機関砲の対空砲が備え付けてあり、それぞれとても効果が高く、第二次世界大戦の地対空武器で有名なものとなります。
しかしながら、フレッチャーの指揮官の意図に反し、交戦の形勢が変わった際には、引き上げることを選択することが生存するために必要なこととなる時もあります。
諦めず行動して下さい。
2つのスチームタービンは4つのボイラールームによって動力を与えられており、60,000 hpを出すことができ、そしてフレッチャーを36ノット(時速68キロ)に達する可能性を与えています。
船体の滑らかな形とあいまって、フレッチャーに機敏性を指揮官は出すことができ、これによって危険な状況から抜け出すことができます。







フレッチャーは正にどんな事でもできる多才な存在であり、プレイヤーの間でも多くのファンを獲得することとなるでしょう。
この駆逐艦は様々な戦況に対し、正しい戦法を選択することができるという点から見て、指揮官へと制限のない自由を与えることになります。
戦艦の指揮官が積極的なアプローチをしたり、先頭に立って攻撃をしたり、もしくは防衛のほうに力を入れ、小さい艦隊のサポートに回るか、いずれにせよフレッチャーの指揮官であるあなたがそれらを選択することとなります。
しかしながら、チームメンバーとの連携があってこそ勝利が導かれるということを忘れないでください。
フレッチャーがどんなに高い性能の艦であったとしても、チームに勝利を簡単にもたらすわけではありません。
高い修理費を支払わないといけないような事象に直面したとき、それに続き海底の奥深い珊瑚礁の近くを探索するという予定外の事態にならないようにチームメンバーと密に連携することで、彼らの行動を観察してください。


フレッチャー級駆逐艦は次の海軍テストセッションでのテストがあった後、皆様へご利用いただけるようになります。
お手持ちの小型望遠鏡をニュースに集中させ、海軍の開発とテストセッションに関する更なる情報を見つけ出してください!











その他の開発ブログをご覧ください: