ニュース

解説
ソミュアS.35 - 共和国の盾 2017-12-08 03:10

Download Wallpaper:    1280x1024 1920x1080 2560x1440


今回は、フランス戦車設計の中でもおなじみのソミュア S.35中戦車をご紹介します。


ソミュアS.35は、1930年代の中戦車の中でも最高の設計だと言われており、『War Thunder』のアップデート1.75で、新しいフランス地上車両
研究ツリーの一員として、『War Thunder』の戦場に赴きます!




『War Thunder』では、ソミュアS.35は火力、移動性、装甲のバランスがとれており、フランス陸軍の低位ランクにとっては必要不可欠です。
歴史の中では、機械的な整備が欠点でしたが、『War Thunder』内では、この弱点は戦車の素晴らしさの妨げとはなりません。


騎兵連隊に使用されていたS.35は、主に歩兵隊によって破られた突破口をさらに開拓することを目的としていました。これを行うために、
戦車には比較的速度を出すことができる、190馬力出力可能なV8ディーゼルエンジンが搭載されており、舗装された道路上では、
最高時速は40kmに達します。


『War Thunder』では、S.35の47mm SA 35砲により、指揮官によって操作される回転砲塔に素晴らしい弾道特性が与えられます。しかしS.35の徹甲弾には起爆剤は含まれていないことは覚えておいて下さい。この砲によってS.35は強い貫通力を1000mの範囲まで与えますが、最大限の
ダメージを与えるには、敵の致命傷となる箇所を攻撃する必要があります。







S.35の主なライバルであるPanzer IIIとIVよりS.35は小さく、攻撃されにくいのですが、その分、乗組員の人数も制限されます。砲の発射、
照準合わせ、砲の装填までしなければならず、指揮官の作業量が大幅に増えたため、この問題は現実世界の戦闘でも悩ましい点でした。
いずれにせよ、『War Thunder』内の戦車は1人のプレイヤーによって操作されますが、S.35を排除するには、たった1発の徹甲弾を
命中させるだけで、窮屈な戦闘室内の乗組員全体を効果的に排除することができます。


S.35の装甲は車体の前部が35mm、そして砲塔の前部が56mmの分厚い鋳鋼で構成されています。これによって、S.35よりも弱い敵の対戦車から至近距離で発射される機関砲の威力を緩和することができ、より強力な武器のダメージを長い範囲で回避することができます。






その他の開発ブログはこちらから