ニュース

解説
USSトゥクムカリ(PGH-2):グランツーリスモ 2018-07-06 21:57


Download Wallpaper: 1280x1024  1920x1080  2560x1440 



 

簡潔に言えば、海戦CBTで使用可能な水中翼砲艦です。この艦の特徴は、優れたスピードと操縦性、敵に恐れを抱かせる多数の重火器です。



USSトゥクムカリは、新しい水中翼の技術における進化のテストベッドとして1960年代後半に開発された、アメリカの試作水中翼砲艦です。



『War Thunder』では、現時点で海戦CBTにおいて使用可能な数少ない水中翼船の1つとしてUSSトゥクムカリが登場し、アメリカ海軍ツリーの
ランクⅡの艦として、すべての海戦CBT参加者が研究可能です。水中翼船であるUSSトゥクムカリの主な特徴は、驚くべき程のスピードと
操縦性です。4,000馬力出力可能なガスタービンエンジンにより、トゥクムカリは最高速度49.1ノット(時速91km)という非常に速い
スピードを出すことができます。しかし、水中翼船が機動性に優れている一方で、トゥクムカリの場合、配備した時に非常に目立ってしまうため、
容易に標的となり、戦闘となることとなります。



トゥクムカリは小型の艦ですが、この艦は砲艦として比較的多くの武装を備えています。船首に搭載されている40mmボーフォース砲1門を
はじめとした、船尾の81mm迫撃砲と上部構造上に2基の0.50口径機関銃砲塔が備えられているため、トゥクムカリの戦闘設備が整っていないとは
非常に言い難いものです。しかし重量とサイズにより、魚雷発射管や爆雷などの追加武装をこの艦に搭載することは制限されています。
とは言え、熟練の司令官によって使用された時は、トゥクムカリの優れた機動性と火力は破滅をもたらす真の組み合わせとなります。


 

興味深い事実:この艦の運命を決したサンゴ礁で座礁した後、救助隊が艦をサンゴ礁から引き離そうと使用した爆発物の衝撃により、
トゥクムカリはさらに立ち往生してしまいました。結局、この試みは失敗し、艦にさらなる損傷を与えただけでした。



USSトゥクムカリはすでに『War Thunder』の海戦CBTの波止場で、熱心な司令官の皆さまを待っています。
司令官諸君、海戦でお会いしましょう!





『War Thunder』艦艇のブログはこちらから:









『War Thunder』初の軽巡洋艦

エムデン軽巡洋艦

Z-20 カール・ガルスター

USS コーウェル(DD-547)










USSトレントン

LCS(L)(3)

ジーベルフェリー SF 40 シュヴェア

USS バーカー






カノーネンボート K-2

206型大型魚雷艇




The War Thunder Team