ニュース

解説
シャール25t&T-80B 2018-08-23 18:00

『War Thunder』のアップデート1.81に地上車両シャール25tとT-80Bが間もなく登場します。



T-80B(ソ連/ロシア)



T-80は、1970年代半ばに開発され、多種多様な燃料を使用できるガスタービンエンジンを搭載し、世界で初めて大量生産されたソ連の主力戦車です。 アップデート1.81のリリースで、経験豊富な戦車兵がソ連陸軍ツリーの中のトップランクに位置するT-80Bの利用を可能になります!
「コブラ」対戦車用誘導ミサイルを装備したT-80Bは、車体前部に追加の30mmの装甲板を施しており、125mmの滑腔砲と複合装甲を備えた非常に高速で俊敏な戦車です。 T-80Bは、470mmを超える装甲貫通力を持つ、2種類の装弾筒付翼安定徹甲弾を装備しています。また、榴弾、
対戦車榴弾、そして対戦車誘導ミサイルを追加武装することも可能です。トップランクの戦闘で誰もが認める一流の英雄であるT-80Bは、大型
アップデート1.81で『War Thunder』の戦場に登場します!


バティニョール・シャティヨン シャール25t(フランス)


バティニョール・シャティヨン25tは、1950年代にAMX-13の代用車両として開発されたフランスの軽戦車の試作車両です。フランス陸軍の
役人たちはこの試作車両に合格点を与えませんでしたが、アップデート1.81でゲームに登場する多数の新しい兵器の中で、バティニョール・
シャティヨン25tは、必ず『War Thunder』の戦車兵のお気に入りとなることでしょう!



多くの戦車兵がシャール25tを見て初めに気づくことは、AMX-13よりもサイズが大きくなっていることです。この技術的決定は車両全体の重量を大幅に増やすことになりますが、乗員数を1人増やすことができるスペースが車体にでき、さらに防御装甲も50mmまで増えました。この車両の
より重い重量を補うために、シャール25tが舗装道路上で前進と後退の両方において、最高時速65km に達することを可能にする500馬力出力可能なエンジンがあります!ランダムバトルの早い段階で優れたポジションを得ることは確実に有利ですが、皆様がそれを最大限に活用できる良い銃を持っていなければ、間違いなく不利となります。幸いにも、シャール 25tはこんな場面でも失望させません。シャール25tは、自動装填装置と結合した90mm砲を装備しています。特に側面からの攻撃と中距離までの敵との交戦において、敵に大惨事をもたらす程、より素晴らしく装備されて
います。



その他の開発ブログ:









UH-1

Mi-4

AH-1F

Mi-24ハインド









T-80B

シャール 25t

TAM

M247サージェント・ヨーク




The War Thunder Team