ニュース

解説
招かれざる英国紳士! 2020-05-11 22:30

 

イギリス航空機用の新しい魅力的な搭載武器をご紹介します。
艦艇の撃沈や戦車の爆破に使用することができる強力なロケットが登場します!



イギリス空軍のパイロットの皆さまのために、イギリスの航空機に搭載可能な極めて強力な3つのロケットをご用意しました。
これらのロケットは、ホーカー シーフューリーやモスキート FB Mk 6、アヴェンジャーMK II、ファイアブランド、そしてワイバーンなどのイギリス空軍の航空機で利用可能になります。


トリプレックス R.P.
(Triplex R.P.)


『War Thunder』のパイロットの皆さまがよくご存知のイギリスのRP-3ロケットは、ゲーム内に最初に登場した航空ロケットの一つでした。しかし、新たに登場するトリプレックス R.P.には驚くべき機能があります!このロケットには、1つの弾頭に3基のRP-3ロケットエンジンを搭載するという独自の設計が施されており、敵に命中させると、3発分のRP-3とほぼ同じ規模のダメージを1度に与えることができます。多少の照準ミスが許容されるトリプレックス R.P.は、通常の1発のRP-3の攻撃に耐えることができる戦車を撃破するのに最適です。


アンクル・トム
(Uncle Tom)


「3つのロケットを1つに?どうして3つだけなんだ?」イギリスの技術者たちはこのように考えながら、トリプレックス計画のアイデアを基盤とした実験的な対艦ロケット、アンクル・トムを設計したのでしょう。
ロケットの公式的な重量は1000ポンド(454kg)となっていますが、実際はその重量を僅かに上回っています。
このロケットにはRP-3エンジンが6基搭載されており、それらは単に締め具で結合されているのではなく、円筒形の金属製のシャーシに収納されています。
そして、各エンジンには外付けの円錐形のノズルが付いています。
「アンクル・トム」の弾頭は、駆逐艦や巡洋艦などの艦の装甲帯を貫通した後に爆発するように設計された徹甲榴弾となっています。
もちろん、戦車を相手にする混合戦でもこのロケットは極めて役立つでしょう!


レッド・エンジェル
(Red Angel)


レッド・エンジェルは、RP-3エンジンを搭載した実験的なシリーズの中でも、最も先進的なデザインを誇ります。 このロケットは重さ1000ポンド(454kg)で、発射後に展開する折り畳み式の翼を備えています。
このロケットの弾頭はアンクル・トムと類似しており、特にスヴェルドロフ級巡洋艦といった重装甲の海上の目標を破壊できるように意図して設計されました(しかし、そのような目標の破壊には少なくとも6発のレッド・エンジェルを命中させる必要があります)。
レッド・エンジェルは、ワイバーンのターボプロップ戦闘機で試験が行われ、両翼の下部にロケットが1発ずつ搭載されました。 しかし、海上での戦闘において、ロケットは射程距離が短いため効果がないと判断されました。 加えて、当時すでに誘導ミサイルが登場していたこともあり開発計画は中止され、レッド・エンジェルが艦を撃沈する機会は一度も訪れませんでした。 しかし『War Thunder』では、巡洋艦だけでなく戦車にも、レッド・エンジェルロケットを簡単に試すことができます。


これら3種類の新しいロケットは、まもなく実施される『War Thunder』の大型アップデートにて、イギリス空軍の技術ツリーで利用可能になります。それまでは次期大型アップデートに関する情報をお見逃しなく!



The War Thunder Team



その他の開発ブログ:

 


ZSD-63

 


MS-15

 


Char D2

 


HSTV-L