ニュース

解説
SEPECAT ジャギュア:レイニングファイア 2020-08-27 04:00


Download Wallpaper:   1920x1080  2560x1440  3840x2160 



SEPECAT ジャギュアは、1960年代のイギリスとフランスによる、新しい超音速攻撃機を設計するための共同開発プロジェクトから生まれました。 『War Thunder』の次期大型アップデート「レイニングファイア(Raining Fire)」にて満を持して登場する待望のジャギュアは、イギリスおよびフランスの空軍ツリーのトップランクに加わります!

 

簡潔に言うと、1960年代後半にフランスのBreguet(ブレゲー)社と
イギリスのBAC(ブリティッシュ・エアクラフト・コーポレーション)社が
共同開発した非常に有望なイギリスとフランスの超音速攻撃機です。


 

SEPECAT ジャギュア ジェット攻撃機 フランス & イギリス ランクVI

 

長所

  • 汎用性が高い点
  • 空対空ミサイルを搭載可能な点
  • 兵装の選択肢が幅広い点
  •  

     

    短所

  • 地上レベルでの最高速度が控えめな点
  •  

     

     





    『War Thunder』の次期大型アップデート「レイニングファイア(Raining Fire)」にて、
    ついに待望のSEPECAT ジャギュアがフランスおよびイギリスの空軍ツリーのトップランクに加わります。
    その優れた制御機能と十分な速度、そして副武装の豊富な選択肢により、
    ジャギュアは次期大型アップデートで『War Thunder』に登場するとともに、
    フランスおよびイギリスの攻撃機ファミリーで最も輝かしい機体になること間違いありません!

    ジャギュアはロールス・ロイス・チュルボメカ アドーア ターボファンエンジンを2基搭載しており、
    アフターバーナーの使用時には最大3,348kgf(重量キログラム)を出力可能です。
    その結果、この航空機は最高速度マッハ1.4(1,670km/h)に到達することができます。
    飛行特性ではトップランクに位置する他の一部の機体には及ばないものの、ジャギュアは本来攻撃機であり、
    必要とあれば空中戦にも対応できる能力を持っていることは注目に値します。


    ジャギュアの戦闘能力について簡単にお話ししましたが、この機体において最も優れた、
    そして攻撃機として最も重要な点である火力についても特筆すべきでしょう。ジャギュアには、
    初期武装としてDEFA(またはADEN)30mm機関砲2門と一砲身あたり150発の弾薬が備わっています。
    高ランクの技術に慣れ親しんだパイロットの皆さまにはお馴染みですが、これらの砲は他の航空機に対して強烈なパンチを放ち、
    適切な弾薬を使用すれば装甲を纏った地上目標にもダメージを与えることができます。

    30mm砲が便利な武器であることに間違いはありませんが、敵たる「ライオン」たちを食い物にするのはジャギュアの搭載武器です。
    空対空誘導ミサイルから、空対地無誘導ミサイル、爆弾、そしてロケット弾まで幅広い兵器を装備することができるジャギュアは、
    パイロットの皆さまに常に適切な武器を提供して事実上あらゆるミッションを成功に導くでしょう。




    『War Thunder』の次期大型アップデート「レイニングファイア(Raining Fire)」にて満を持して登場するSEPECAT ジャギュアは、
    イギリスおよびフランスの空軍ツリーのトップランクを強化し、素晴らしいジェット攻撃機として
    『War Thunder』のパイロットの皆さまから人気を博すことでしょう!
    それまでは、『War Thunder』の次期大型アップデートに関する情報も、最新の記事で忘れずに確認しましょう。
    それではパイロットの皆さま、空での一掃をお楽しみください!



    The War Thunder Team



    その他の開発ブログ:

     


    あけぼの

     


    ソミュア SM

     


    T-72B & T-72B3

     


    南昌 Q-5



    ザラ

     


    長十二糎自走砲