ニュース

解説
CM25:装甲車の死神 2020-08-28 01:00


Download Wallpaper:   1920x1080  2560x1440  3840x2160 



CM25は、広く運用されているアメリカのM113をベースにした台湾のCM21 APC(装甲兵員輸送車)を対戦車車両として開発した改造型です。
次期大型アップデート「レイニングファイア(Raining Fire)」にて登場するこのCM25は、中国陸軍ツリーの新しいトップランクの
対戦車車両としてベテラン指揮官の皆さまを待ち受けます!

 

簡潔に言うと、TOW対戦車用誘導ミサイルによる対戦車能力を持つ台湾のAPC(装甲兵員輸送車)です。


 

CM25 対戦車車両 中国 ランクVI

 

長所

  • 強力なTOW対戦車用誘導ミサイルを搭載している点
  • シルエットが小さい点
  • 水陸両用である点
  •  

     

    短所

  • 防御が軽装甲な点
  • 弾薬数が限定される点
  •  

     




    『War Thunder』では、次期大型アップデート「レイニングファイア(Raining Fire)」の実施に伴い、
    このCM25がトップランクの新しい対戦車車両として中国の陸軍ツリーに登場します。
    一部の戦車兵の皆さまにとってはすでにお馴染みのM113A1 TOWと性能および外観が非常によく似ているCM25ですが、
    前任車両とは一線を画すより強力なTOW対戦車用誘導ミサイルを搭載しています。


    上記したように、CM25は中国陸軍ツリーのトップランクに君臨するM113A1 TOWと非常によく似ています。
    外観の違いはさておき、CM25は車体の側面に大型の空間装甲を備えているため、アメリカ製より僅かに重量が増加しています。
    戦車兵の皆さまはバトル中にその実際の効果を感じることはできないかもしれませんが、結果として重量の増分だけ防御力も向上しています。
    他の点に関しては、CM25はアメリカ製と全く同じとなっています。



    しかし、CM25を際立たせているのはその武装です。1基のTOW対戦車用誘導ミサイル発射機と12.7mm機関銃のみを搭載しているCM25ですが、TOW対戦車用誘導ミサイルに更なる高度な改良が施されています。
    加えて、CM25をアンロックすると、すでに非常に強力なI-TOW対戦車用誘導ミサイルを標準装備してバトルに参加することができます。

    さらに、戦車兵の皆さまはTOW対戦車用誘導ミサイルのより強力な改造をアンロックし、
    CM25の対戦車車両としての性能を大幅に強化することができます。このTOW対戦車用誘導ミサイルの派生型の一つがTOW-2Bです。
    TOWミサイルのこの改良型により、いわゆる「トップアタック」が可能になります。つまり、ミサイルが目標の上で爆発し、
    目標の最も装甲が薄い箇所を成型炸薬弾頭が貫通し、大きな損傷を引き起こすのです。その破壊的な効果に加え、
    この兵器システムは戦車兵の皆さまが直接目標を視認することなく、丘陵がある地形などに隠れた敵に
    対処することを可能にします。


    『War Thunder』の次期大型アップデート「レイニングファイア(Raining Fire)」にて中国陸軍ツリーのトップランクに登場するCM25は、
    中国の対戦車車両ラインの最高峰となります。それまでは、『War Thunder』の次期大型アップデートに関する情報も、
    最新の記事で忘れずに確認しましょう。それでは戦車兵の皆さま、よい狩りを!



    The War Thunder Team



    その他の開発ブログ:

     


    あけぼの

     


    ソミュア SM

     


    T-72B & T-72B3

     


    南昌 Q-5



    ザラ

     


    長十二糎自走砲

     


    SEPECAT ジャギュア