ニュース

解説
HMSドレッドノート:新世代の顔 2020-10-30 07:00


Download Wallpaper:   1920x1080  2560x1440  3840x2160 



HMSドレッドノートは1900年代初頭のイギリスの戦艦です。
その数々の革新的な技術は戦艦の設計に革命を起こし、後生の戦艦において基準となる艦となりました。
まもなくこの海軍の伝説が、次期大型アップデート「ニューパワー(New Power)」の実施に伴い、
『War Thunder』初の戦艦の一つとしてイギリス海軍ツリーに仲間入りします!

 

簡潔に言うと、非常に進歩した技術的革新を多く取り入れ、戦闘艦のクラスそのものを再定義した第一次世界大戦前に開発されたイギリスの戦艦です。


 

HMSドレッドノート 戦艦 イギリス ランクV

 

長所

  • 多数の大口径砲を有している点
  • 重装甲である点
  • 魚雷を有している点
  •  

     

    短所

  • 機動性が高くない点
  • 対空火力が不足している点
  •  

     





    HMSドレッドノートは、イギリス海軍に加わった初の戦艦なだけでなく、
    この種類の艦艇として『War Thunder』に登場する最初の艦でもあります。
    強力な主砲、重装甲、そして安定した機動性を兼ね備えたHMSドレッドノートは、
    史実と同様にあらゆる戦艦を象徴する存在であり、『War Thunder』における海軍の新時代の幕開けを告げます!

    次期大型アップデート「ニューパワー(New Power)」の一部として登場する予定のすべての戦艦と同様に、
    HMSドレッドノートの艦長志望の皆さまも、相手に撃ち負かされることを恐れる必要はありません。
    この戦闘艦は、連装砲5基に分かれた12インチ(305mm)砲10門という強力な主砲の砲列を搭載しています。
    これほど強力な砲を備えていれば、艦長の皆さまがほとんどの敵の装甲を苦もなく貫通できることは想像に難くないでしょう。
    しかし一方で、これほど重い砲となればその欠点も考慮しなければなりません。HMSドレッドノートは発射速度が遅く、
    搭載されている主砲の配置により、単一の目標にすべての砲を向けることができません。
    つまり、バトルにおける艦の柔軟性が大幅に制限されているということです。



    さらに、HMSドレッドノートには副砲の砲列として76mm(3インチ)砲20門が搭載されており、
    これは大胆な魚雷艇の艇長を高い発射速度で寄せ付けないようにすることを主な目的としています。
    この戦闘艦の意欲溢れる艦長の皆さまは、バトル中に複数回再装填できる18インチ(450mm)水中魚雷発射管2基へのアクセスも有しています。
    しかし、当時の多くの艦艇と同様に、HMSドレッドノートも航空機の脅威に対する装備が十分ではなく、
    これはこの戦艦の対空兵装が3インチ高角対空砲2門という非力なものだった史実が反映されています。

     

    興味深い事実:HMSドレッドノートの最も有名な交戦は、このイギリスの戦艦が
    ドイツの潜水艦に衝突して沈没させるという1915年に起きたU-29との遭遇でした。
    これにより、HMSドレッドノートは潜水艦を沈没させたことが認定された唯一の戦艦となりました。


     

    艦長の皆さまがドレッドノートの火力に感心するのは、装甲防御を確認してからにしましょう!
    11インチ(279mm)の厚さを有する装甲帯と砲塔の装甲、同じく11インチ(279mm)の厚さの砲塔を備えたHMSドレッドノートは、
    全体的な防御に優れ、巡洋艦や駆逐艦の徹甲弾に対しては特に高い防御力を発揮します。
    しかし、優れた防御力を有しているにもかかわらず、HMSドレッドノートは無敵とは程遠いものであり、
    小口径の砲撃でも受け続ければ、「わずか」810人という少ない搭乗員を時間の経過と共に失いかねません。




    ほとんどの艦長の皆さまが既にご存知の通り、大きな砲や厚い装甲は艦の排水量を大幅に増加させる傾向にあり、
    これはHMSドレッドノートも例外ではありません。
    満載時の排水量が20700トンを超えるHMSドレッドノートは、
    まもなく実施される大型アップデート「ニューパワー(New Power)」に伴い、海に浮かぶ海戦の「大物」となることは間違いありません。
    当時としては画期的だった蒸気タービン推進方式を採用したことで、この戦艦は最大21ノット(39km/h)まで加速が可能です。
    このクラスの戦艦としては十分な最高速度ですが、小型で機敏な艦艇に容易に打ち負ける可能性があることは言うまでもありません。
    そのため、艦長の皆さまは敵に攻撃されないよう、常に味方の近くで艦の側面を守ることを心掛けましょう!

    HMSドレッドノートは、次期大型アップデート「ニューパワー(New Power)」の実施に伴い、
    『War Thunder』の艦長の皆さまがアンロックして艦隊に追加できる最初の戦艦となります。
    しかし、登場するのはもちろんHMSドレッドノートだけではないため、最新の記事を忘れずに確認しましょう!
    それでは艦長諸君、穏やかな波とよい狩りを!


    The War Thunder Team



    その他の開発ブログ:

     


    ロレーヌ 37L

     


    VFM 5

     


    FlaRakRad

     


    MiG-21bis

     


    新たな空

     


    航空機における新たな視覚効果

     


    T-72AV(TURMS-T)

     


    サーブ Sk 60B