ニュース

解説
マガフ3: 戦争英雄の戦車 2018-02-17 04:37


Download Wallpaper:     1280x1024  1920x1080  2560x1440 




マガフシリーズは、アメリカのM48とM60の戦車をイスラエル軍が改修した装甲戦闘車両で、
数十年間、絶え間なく変わり続けるイスラエル軍からの要求を受けて、次第に改良されていきました。
次回行われるアップデート1.77で、『War Thunder』のプレイヤーの皆様は、マガフシリーズの中の一両、マガフ3に会うことができます!




『War Thunder』では、マガフ3はアメリカ陸軍ツリーのランク5の新しいプレミアム車両として登場します。
通常のツリーに属しているM48とM60の「兄弟」車両に比べると、マガフ3は、M48とM60の様々な部分の寄せ集めで、
異なる車両を組み合わせたようにも見えますが、同時に、マガフ3自体がユニークな車両となっています。




MAGACH 3の事前予約



  本パックの内容


 - Magach 3戦車 (アメリカ軍ランク5) - 1.77パッチから開始します
 - 15日分のプレミアムアカウント
 - 2000ゴールデンイーグル
 - プレオーダーのボーナス - 後期の冬季迷彩 - 1.77パッチから開始します
 - プレオーダーのボーナス - “500th brigade of Israel Defense Forces”デカール
 - プレオーダーのボーナス - “Rattlesnake” タイトル


多くの『War Thunder』のプレイヤーの皆様も納得するであろう、即座に変更が必要であるイスラエル版M48の特徴の1つは車長用天蓋でした。
その大きい天蓋自体がすぐに敵から標的となってしまうことに気付き、イスラエルの技術者は天蓋の位置を低くしました。
これによって、車両全体の面積がわずかに少なくなり、装甲側面にあった主な弱点を克服することができました。
『War Thunder』でマガフ3を所持したいプレイヤーの皆様には、この改良は間違いなく快く受け入れられることでしょう。


イスラエル国防軍の使用に更に適用させるべく、
マガフ3のボンネットの下にも改良が施されています。


イスラエル軍は初期のマガフ(M48)で使用していたガソリンエンジンはかなり引火しやすいのではないかということが六日間戦争の間に判明し、アリソン社製変速装置と共に、従来のコンチネンタル社製ディーゼルエンジンと取り替えられました。
この変更によって、マガフ3のエンジン出力量を750馬力へと、
大幅に引き上げることに成功しました。


今後のニュースに注目し、『War Thunder』で行われる次回の大型アップデートで何が実装されるのか確認してください。
その時にまたお会いしましょう!



購入する






その他の開発ブログはこちらから





The War Thunder Team