ニュース

解説
AMX-13 DCA 40:対空戦車 2018-01-24 00:06


Download Wallpaper:     1280x1024  1920x1080  2560x1440 



AMX-13が開発された時、この戦車に搭載されているシャーシは非常に多才であり、いくつかの調整を施せば、車両寿命が続く限り、
様々な用途に使用することができるということが証明されました。そのため、フランスが戦後初めての対空自走戦車部隊の1つを
設立する際に、フランスの技術者が部隊の基盤として、最初に使用する車両にAMX-13を選択したことは驚くべきことではありません。



『War Thunder』では、AMX-13 DCA 40はフランス陸軍研究ツリーのランク4の対空自走戦車です。
プレイヤーの皆さまがアンロックすることができた以前の対空自走戦車とは対照的に、AMX-13 DCA 40は、
近代的な対空自走戦車を開発するというフランスの技術者の試みを初めて再現しています。AMX-13対空自走戦車が
開発される前の車両は、初期型の半装軌設計か、改良された平床式トラックのどちらかでしたが、AMX-13は無限軌道で、
舗装路上及び非舗装路上の両方において優れた機動性を発揮することができます。DCA 40は、フランス自走対空戦車
ラインに登場する初めての戦車で、敵からの攻撃や榴散弾から搭乗員を防御し、フランスの初期型の対空戦車の
最大の弱点のうちの1つを効率的に克服します。AMX-13のシャーシには、小さな攻撃や榴散弾で搭乗員が負傷
することを防ぐことができる十分な装甲があるため、AMX-13 DCA 40を使用すれば、プレイヤーの皆さまは
簡単に敵の航空機や戦車の餌食となってしまうことを心配する必要がなくなります。しかし、上部が開いている
砲塔は車両の非常に脆弱な部分であり、旋回している航空機に標的にされたり、脇にそれた大砲の砲弾の
餌食となってしまう恐れがあります。





旧型と比較すると、DCA 40はより簡単に重大な脅威を対処することが可能となります。
AMX-13のシャーシのように、1つの場所から違う場所へと素早く簡単に移動することができるものは
これまでありませんでした。以前の対空戦車は移動に大幅に時間を要していましたが、この車両の
低重量と強力なエンジンの組み合わせにより、素早く戦場を移動することができます。
車両の速度をさらに速いものにすることに加え、40mm対空機関砲の発射率は旧型のものの2倍に
改良され、1分間に240発発射することができます。また、これにより、プレイヤーの皆さまは
より効果的に敵の航空機を攻撃することができる一方で、機関砲が過熱する時間も早くなっています。
過熱してしまう可能性を大幅に削減するだけではなく、使用する弾薬数を抑え、プレイヤーの皆さまが
より効果的に正確に発射を調整することができるため、この攻撃モードでは連続発射よりも一連発射をおすすめします。


AMX-13 DCA 40は、新しく追加されたフランス陸軍ツリーを進める過程において、フランスの戦車兵や
対空自走戦車のファンの皆さまが使用したいと思えるような戦車となっています。以前の車両と比較すると、
機動性や防御力、発射能力が改良され、より簡単に使用できるようになっただけではなく、さらに操縦を
楽しめる戦車となりました。この戦車についてどう思いますか?もうAMX-13 DCA 40を試してみましたか?
それとも、すでにこの戦車に攻撃され、左翼に大きな穴を開けられましたか?またお会いしましょう!





その他の開発ブログはこちらから




The War Thunder Team