ニュース

解説
メッサーシュミットBf 110:モデル更新&新しい派生型 2018-06-07 20:30


Download Wallpaper:     1280x1024  1920x1080  2560x1440 



 

数え切れないほどの修正がなされ、考えうるほぼすべての戦闘役割を集約させたメッサーシュミットBf 110が、かなりの価値がある「多用性」を手に入れました。アップデート1.79「プロジェクトX」では、ドイツ航空機ファンの皆様は、いくつかの新しい修正点が追加されたBf 110の名高い多用性を経験することができるようになります。今回の記事で詳しくご紹介します!



最初に取り上げる新しい改良型は、すでに『War Thunder』に登場しているBf 110と類縁関係にあるBf 110 C-7です。
1941年に前線部隊での運用が開始されたC-7は、戦術爆撃機として使用される際の機体の効率性を向上させることを目的としてさらに改良された戦闘爆撃機型のBf 110でした。これはBf 110の最大積載量を拡大したことにより実現し、さらには機体胴体の下に搭載することのできる爆弾搭載量が増加し、翼の下には50 kgの爆弾架を搭載することができるようになりました。これらの変更により増加した重量に対処するため、さらに強力なダイムラー・ベンツ DB 601Nエンジンが導入され、それぞれのエンジンの出力可能馬力は1,175まで増加しました。



1942年前半、ドイツ空軍は、古びたBf 110をメッサーシュミットの新しい型の1つであるMe 210と入れ替えようと計画していました。
しかし、試験段階において飛行性能及び大量生産の深刻な問題が生じたため、Me 210は計画されていた日程での前線部隊への配備は間に合わないことが明確になりました。これに対し、ドイツ空軍は新しいツェアシュテーラー(駆逐艦)型のBf 110の開発依頼を出し、
これによって誕生したBf 110Fは、思いがけないことに長期に渡って軍務に従事することとなりました。


『War Thunder』アップデート1.79「プロジェクトX」で登場するBf 110 F-2は、今まで以上に重戦闘機や迎撃機としての役割を果たすことができるほど、大幅に改善されています。増加した防御装甲、強化された機体、機体の下に装備された二重の20mm MG 151ガンポッドにより、
Bf 110は敵からさらに恐れられるようになりました。旧型を踏まえたうえで、適用された変更によって増加した重量を補うため、
ドイツの技術者達はBf 110Fにもさらに強力なダイムラー・ベンツ DB 601Nエンジンを搭載することにしました。




Bf 110Fの運用が開始してからほぼ間もなく、急速に老朽化したBf 110のさらなる改善が継続されることとなりました。
この取り組みは1942年の春に開始され、これにより同年の12月にまったく新しい型の航空機が誕生しました。
Bf 110Gと名付けられたこの航空機は、今までの中で最も強力で多用途性のある改良型であっただけでなく、最後の航空機となりました。
改良型の1番の特徴は、新たに搭載された1,475馬力出力可能のDB 605エンジンであることは言うまでもありません。


しかし、その他にも大きく改善された機体の要素としては射撃能力があります。
徐々に廃れた20mm のMG FF 機関砲が新しいMG 151/20機関砲と取り換えられました。
多くのパイロットの皆さまは、新しい機関砲が射撃速度のみならず弾丸の性質も向上させ、
強力なBf 110にとっては理想的な機関砲であるということをすでに理解していることでしょう。



戦争の最終段階では、多用途性がドイツ航空機にとって特に重要な要素になっていました。そのことを念頭に置き、メッサーシュミットの技術者達は、必要であれば戦地にて適用することのできる、いくつかの追加の射撃能力アップグレード機能をBf 110 G-2に搭載しました。これにより、
Bf 110 G-2はアップグレードパッケージに応じて、異なる武器の積出の変更や切り替え、20、 30、37mmの機関砲の搭載が可能となりました。


これらのアップグレードパッケージもまた研究可能な改良型としてゲーム内に登場し、
パイロットの皆さまは自分好みに、もしくは間近にせまるミッションのためにBf 110 G-2をカスタマイズすることが可能となります。
地上の標的を攻撃することを好むプレイヤーの皆さまにとって、Bf 110 G-2はとっておきの切り札となるでしょう。
機関砲に加え、Bf 110 G-2は21cmの無誘導ロケットを搭載することが可能で、これは戦地にて扱いにくい敵を打ち砕くのに最適です。






もちろん、これらのBf 110の修正型をゲームに追加したからといって、『War Thunder』の初期から存在している機体のことを
すっかり忘れてしまったわけではありません。最新の品質基準に見合うよう3Dモデルを改良することが決定したため、
プレイヤーの皆さまはアップデート1.79「プロジェクトX」で新しくなった旧型のBf 110 C-4を見ることができるようになります。お楽しみに!


まもなく行われるアップデート1.79「プロジェクトX」で登場する最も待望されていたBf 110重戦闘機改良型をお楽しみに。
『War Thunder』の次回の大型アップデートに関する最新情報をお見逃しなく。空中戦に幸あれ!またお会いしましょう!




その他の開発ブログ









T-64BV

Type 90

F4U-7

カーティスP-40F









センチュリオン AVRE

XM-1 (C) & XM-1 (GM)

新しいロケーション:イタリア

チーフテン マークスマン









I.A.R. 81-C

川崎キ32

マガフ3

XM803









メッサーシュミットBf 109Z

レオパルト2A4

Т-62М-1

FJ-4B フューリー





The War Thunder Team