ニュース

解説
アッティリオ・レゴロ:大型駆逐艦 2020-05-20 00:00


Download Wallpaper:   1920x1080  2560x1440  3840x2160 



アッティリオ・レゴロは、第二次世界大戦後期にイタリア海軍のために製造された
カピターニ・ロマーニ級軽巡洋艦のネームシップです。
次期大型アップデートにて『War Thunder』の海軍に登場するこの艦は、
まもなく実装されるイタリア海軍ツリーにおいて意欲溢れる艦長の皆さまを待ち受ける最初の巡洋艦となります!

 

簡潔に言うと、装甲は不足しているものの駆逐艦級の武装や素晴らしい機動性を特徴とした戦争後期のイタリアの軽巡洋艦です。



早期アクセスパックを購入したプレイヤーの皆さまは、まもなく実施される
大型アップデートにて登場するイタリア海軍ツリーのCBTアクセス権を獲得します。

アッティリオ・レゴロ 軽巡洋艦 イタリア ランクIV

 

長所

  • 多目的な武装を有する点
  • 機動性が優れている点
  •  

     

    短所

  • 艦体に装甲がない点

     

  •  





    『War Thunder』では、アッティリオ・レゴロは次期大型アップデートに伴い実装されるイタリア海軍ツリーに登場します。
    イタリア海軍最初の軽巡洋艦の艦長となる皆さまは、ゲーム内に登場する他の軽巡洋艦とは一線を画した特徴を持つ
    このアッティリオ・レゴロをイタリア海軍ツリーでアンロックすることになります。

    まず、アッティリオ・レゴロは連装砲塔4基に分かれた135mm砲8基を搭載しており、
    艦体の両端に背負式で2基ずつ配置されています。他の多くの軽巡洋艦で見られる通常の152mm砲とは異なり、
    アッティリオ・レゴロの砲は口径がより小さくなっていますが、この砲が持つより高い発射速度と
    非常に優れた弾道特性で補われています。そのため、アッティリオ・レゴロは駆逐艦との対戦に理想的であると同時に、
    効果的な支援射撃を行い、より大型の艦艇を倒す味方の手助けをすることもできます。



    さらに、アッティリオ・レゴロはその対空兵装となる37mm単装機関砲8基、20mm連装機関砲4基を搭載していますが、
    この兵装は海戦で頻繁に対峙する可能性がある小型の敵艦艇に対しても良い効果を発揮します。
    また、この艦には両舷へ発射可能な優れた発射角を持つ533mm四連装魚雷発射管2基が設置されており、
    艦首側の魚雷発射管には4本の予備の魚雷があります。

     

    興味深い事実:カピターニ・ロマーニ級の他の全ての艦と同様に、アッティリオ・レゴロの名も
    第一次ポエニ戦争で活躍したローマ執政官の名前にちなんで名付けられました。



    アッティリオ・レゴロは戦場で遭遇する可能性のある多数の様々な脅威に対処するための装備が整っていることは疑いようもありませんが、
    この艦自体の防御は良いとは言えません。実際、アッティリオ・レゴロは装甲帯を有さず、
    砲塔と艦橋がそれぞれ最大20mmと15mmの装甲板で防御されているのみとなります。
    さらに、アッティリオ・レゴロは420人の水兵しか収容できず、これは他国の類似する艦艇と比較すると少数となっています。




    しかし、アッティリオ・レゴロの意欲溢れる艦長の皆さまは、いずれにしても戦闘中の損傷から身を護るために装甲に頼ることはありません。
    それはこの艦が装甲を有していないからだけではなく、素晴らしい機動性を持っているためです。
    つまり、110,000馬力出力可能なアッティリオ・レゴロのエンジンは最高速度39ノット(~70 km/h)まで推進することができるため、
    艦長は素早く戦場を駆け回り、敵を包囲し、迫りくる攻撃から逃れることができます。

    アッティリオ・レゴロはまもなく実施される『War Thunder』の大型アップデートにて待望のイタリア海軍ツリーに登場し、
    皆さまの港に入港します。それまでは、次期大型アップデートに関する記事や情報をお見逃しなく。
    それでは艦長諸君、穏やかな波とよい狩りを!



    The War Thunder Team



    その他の開発ブログ:

     


    MS-15

     


    ZSD-63

     


    Char D2

     


    HSTV-L

     



    招かれざる英国紳士!

     


    トレント

     


    F3H-2 デーモン

     


    ミラージュ IIIC

     



    69式戦車IIG

     


    P 420 スパルヴィエロ

     


    ジェニエーレ (1942)

     


    Scimitar F.1