ニュース

解説
I-225:望みは高く! 2018-09-14 04:06


Download Wallpaper:   1280x1024  1920x1080  2560x1440 



ソ連の技術ツリーに登場するこの新しい実験的な戦闘機は、高高度の戦闘において非常に効果的です。


この実験的な高高度戦闘機/要撃機のI-225は、新しいエンジンを搭載した戦闘機の
新たな試作機を開発する取り組みの一環としてミコヤン設計局で生み出されました。
1944年5月9日に最初の試作機が完成しました。
この航空機は2000馬力出力可能な航空エンジンとターボチャージャーから構成されているパワートレインを運送するために設計されました。
以前の試作機と比較すると、この機体の武装は強化され、4門の20mm ShVAK機関砲で構成されていました。
試験中(前回はこの戦闘機の速度と高度に関する試験でした)、この航空機は素晴らしい結果を示しました。
地面近くでは時速560 km、高高度では時速720 kmの速度に到達することが出来たのです。わずか2機だけが試験のために製造されました。
しかし、様々な理由により、両機ともテスト中に墜落しました。
広範囲に及ぶ改良と改善の後、1947年3月にこの計画の取り組みは中止となりました。



『War Thunder』では、このI-225はソ連航空技術ツリーのランクⅣに登場します。このランクでは、I-225はその速度に
かなりの潜在力を秘めていますが、搭載されたエンジンを最大限に活かすには、高高度にいる必要があります。
I-225は素晴らしい上昇速度、その速度の範囲における優れた操縦性、低高度での最適な速度を備えています。
明白な長所としては、簡略化した照準や、前方からの攻撃において利点となる、機体に搭載された4門すべての機関砲の位置です。
また、実際にこの戦闘機がシリーズ生産に入ることを妨げたパワートレインの欠陥は、『War Thunder』内ではいかなる影響も与えません。
事実、素晴らしい正面武器を装備した、この操縦しやすい航空機は、高高度や中高度においても同様に優れています。
I-225の欠点には、爆弾やロケットの欠如、旋回時に顕著なアンチトルク、たった2枚しかない着陸フラップの位置、
わずかな予備燃料、着陸と離陸が困難な全制御モードがあります。I-225は他のあらゆる点において、
高ランクの素晴らしいピストン戦闘機です。私たちは多くのパイロットにとって、この航空機がすべてのゲームモードにおける
お気に入りの選択肢となることを確信しています!


I-225は『War Thunder』のアップデート1.81「ワルキューレ(The Valkyries)」のリリースでゲームに登場します。
この素晴らしい戦闘機を必ず確認し、戦闘で試用してみてください!


その他の開発ブログ:


UH-1



Mi-4



AH-1F



Mi-24ハインド



T-80B



シャール 25t



TAM



M247



AGM-12B ブルパップ



レオパルト 1 ラインメタル



アメリカ砂漠



AH-1G



ベトナム



Mi-24A:完璧なハインド



ヘリコプターの飛行モデル



地中海の港&青い山脈の湾



BMP-2



Mi-35M:最新式のハインド



AH-1Z ヴァイパー



FV510 ウォーリア



T54E1





The War Thunder Team