パッチノート③ - アップデート1.77「アドバンシング・ストーム(Advancing Storm)」


地上車両モデル、ダメージモデル、特性、武装の変更:


  • 中型戦車M2:この戦車の重量を19トンから17.2トンに変更しました。参照元: DEVELOPMENT OF ARMORED VEHICLES, volume 1 Tanks - AGF BOARD No.2
  • M36:この戦車の重量を30トンから28.1トンに変更しました。参照元:Catalogue of Standard Ordnance Items, second edition 1944, volume I
  • バレンタインMk.I:エンジン出力値を165馬力から135馬力に縮小しました。参照元:The Royal Armoured Corps Tank Museum. Tanks 1919-1940, The Interwar Period. The Royal Armoured Corps Centre, Bovington, Dorset
  • クルセイダーAA Mk.II :
  • 弾薬数を600弾から1200弾に変更しました。
  • 砲塔回転速度を毎秒40度から70度に変更しました。参照元:Report V/EL NO. 48. CRUSADER III A.A. II (TWIN OERLIKON). Performances of Power Traverse Gear on Slopes., The National Archives WO 194/172
  • クルセイダーAA Mk.I:砲塔の装甲数を下記のように修正しました(参照元:Canadian Archives Microfilms, Department of National Defence Army, British A.F.V. Specifications. Values, mm):
  • 前方:25.4 → 30
  • 側面:25.4 → 12
  • 後方:25.4 → 12
  • クルセイダーAA Mk.II:砲塔の装甲数を下記のように修正しました(参照元:Canadian Archives Microfilms, Department of National Defence Army, British A.F.V. Specifications. Values, mm):
  • 前方:30 → 50.8
  • 側面:14 → 50.8
  • 後方:17 → 50.8
  • 上部:12.7 → 20
  • クルセイダーAA Mk.I/Mk.II:最大速度を時速42kmから44kmに変更しました。参照元:Department of National Defence Army, British A.F.V. Specifications
  • クルセイダーAA Mk.I:この戦車の重量を16.3トンから17.2トンに変更しました。参照元:Department of National Defence Army, British A.F.V. Specifications
  • クルセイダーAA Mk.II:この戦車の重量を16.3トンから17.5トンに変更しました。参照元: Department of National Defence Army, British A.F.V. Specifications
  • クルセイダーAA Mk.II:エリコン機関砲の跳弾の視覚効果が誤っていた不具合を修正しました。
  • クルセイダーMk.III:発煙弾の数を30弾から50弾に変更しました。参照元:WO 291_1439 Vol 1 British tanks
  • センチュリオンMk.I:下記の部位の装甲数を修正しました:
  • 前方砲塔:152 → 127
  • 側面及び後方砲塔:89 → 76
  • 車体上部:38 → 29
  • 砲塔上部:29 → 25
  • 車体後方:20 → 38
  • 車体底面:30 → 17
  • 砲塔底面:19 → 25
  • 砲塔バッスル底面:20 → 38
  • 参照元:T.D.36515
  • IS-6:車体の装甲の厚さを更新しました:
  • 上部及び側面の装甲:100m → 120mm
  • 側面傾斜部:100mm → 75mm
  • 参照元:report on IS-6 test build 21.09.1944
  • Т-64:3ОF26 HE弾を3ОF19弾に変更しました。
  • LVT(A)(1)、LVT(A)(4) ZiS-2 :下部前方のプレートの暑さを12.7mmから6.35mmに変更しました。参照元:Catalogue of Standard Ordnance Items, Second Ed. Vol.1 1944. R. P. Hunnicutt, Stuart, A History of the American Light Tank. Vol. 1
  • LVT (A)(1):
  • 弾薬数を147弾から104弾に変更しました。
  • この戦車の重量を15.6トンから14.88トンに変更しました。
  • 縦の誘導システムの値を-12/+20から-10/+25に変更しました。参照元:Catalogue of Standard Ordnance Items, Second Ed. Vol.1 1944
  • LVT(A)(1) :砲塔の装甲数を下記のように修正しました(参照元:Catalogue of Standard Ordnance Items, Second Ed. Vol.1 1944. R. P. Hunnicutt, Stuart, A History of the American Light Tank. Vol. 1. Values, mm):
  • 前方:44.4 → 12.7
  • 側面及び後方:31.75 → 12.7
  • 上部:12.7 → 6.35
  • T34:反射速度を時速8kmから13kmに変更しました。参照元:Record of Army Ordnance Research and Development - Heavy Tanks and Assault Tanks, 1945 // Army Service Forces - Development History of the Heavy Tanks, T29 & T30, 1945 //
  • 10.5cm突撃榴弾砲42、Ⅲ号突撃砲G型、KV-2 (1940)、KV II 754r、M48A1、オストヴィント、M3 Lee(リー)、FV4202、T-70 (1942)、Т-80、GaZ-DSHK、Pz.IV C、Pz.IV/70(V)、T-26-4、ASU-85、ブラックプリンス歩兵戦車、Comet Iron Duke、КВ-1 (Л-11)、КВ-1Э、KV-IB、V4202:使用する砲弾の順番を明確化しました。
  • AMX-30:視界の多重度の値を設定しました。現在では8xから12xとなります。参照元:Comparative characteristics of main battle tanks, Fort Knox 1973
  • AMX-30B2:視界の多重度の値を設定しました。現在では10xとなります。参照元:Comparative characteristics of main battle tanks, Fort Knox 1973
  • M60A1 (AOS)、M60A1 RISE (P):司令砲塔の装甲の厚さを下記のように変更しました:
  • 前方:127mm → 35mm
  • 側面:70mm → 26mm
  • 後方:50mm → 26mm
  • 屋根:101.6mm → 30mm
  • 参照元:Questions of defense vehicles, 1976. Vol. - 67.
  • チリ II :徹甲弾の効果のアイコンの表示を修正しました。
  • Type 60 ATM:射撃手が気絶した後に照準を狙えなかった不具合を修正しました。
  • Leopard A1A1:
  • DM23弾を武装に追加しました。
  • 距離計を類似の改良型と入れ替えました。改良型の距離計は、より速く距離を測ることができ、エラーが少なくなります。
  • オブイェークト906:車両が破壊するメカニクスを追加しました。
  • 下記の車両の1分毎の発射速度を変更しました:
  • オブイェークト906:9.96 → 10.02
  • Т-54(全系列):6.96 → 7.02
  • Т-55А:6.99 → 7.02
  • Т-62:4.98 → 5.01
  • T95E1:6.99 → 7.02
  • M48A1:7.99 → 8
  • AMX-30 (1972)/AMX-30B2:1分毎の発射速度を8発から9発に変更しました。参照元:“Kampfpanzer Leopard” - Heraugegeben von Raimund Knecht. J.F. Lehmanns Verlag München. Nr.6/7 “Internationale Wehr-Revue”
  • M60/M60A1 (AOS)/M60A1 RISE (P) :1分毎の発射速度を7.2発から9発に変更しました。参照元:“Kampfpanzer Leopard” - Heraugegeben von Raimund Knecht. J.F. Lehmanns Verlag München. Nr.6/7 “Internationale Wehr-Revue”
  • Leopard/Leopard A1A1:1分毎の発射速度を8発から9発に変更しました。参照元:“Kampfpanzer Leopard” - Heraugegeben von Raimund Knecht. J.F. Lehmanns Verlag München. Nr.6/7 “Internationale Wehr-Revue”
  • ARL-44 (ACL-1) -
  • 砲の名前を「SA44」に変更しました。参照元:Note pour la Direction de l'Arme Blindée au sujet de l'état d'avancement du char de Transition // Note for the Direction of the Tank Army about the state of development on the transitional tank
  • 砲弾の名前を下記のように変更しました:
  • 徹甲弾:OR Mle.44
  • HE:OE Mle.28
  • 参照元:Technical Service of the DEFA (Direction the study & manufacture of weaponry), Object : Test on the 75 SA 44
  • P.7.T. AA:名称を「P4T AA」から「P.7.T. AA」に変更しました。参照元:Les autochenilles Citroën munies de propulseurs "Kégresse-Hinstin" Type P.4.T. - étude technique // Les autochenilles Citroën munies de propulseurs "Kégresse-Hinstin" Type P.7.T. - étude technique
  • 下記の弾の弾道学を修正しました(軌道はより平坦になり、速度の低下を修正しました):
  • 100mm 3BM8
  • 105mm L28A1, M392A2, DM13, M728, M735, OFL 105 F1
  • 115mm 3BM3, 3BM4
  • 120mm L1G, L15A3, L23
  • 122mm 3BM11
  • 125mm 3BM9, 3BM12
  • 152mm APFSDS for M69, ХМ578E1砲
  • 90mm T320:砲弾の質量を5kgから3.6kgに変更しました。参照元:Penetration performance of a series of T320e10 Arrow Projectiles, April 1956
  • 12.8 cm Pzgr.:砲弾の質量を28kgから26.35kgに変更しました。参照元:Die Munition der deutschen Geschütze und Werfer. Berlin 1940 // Geschoßringbuch. Band II July 1939
  • 7.5 cm K.Gr.rot Pz. (KwK.37/StuK.37) :砲弾の速度を毎秒440mから385mに変更しました。参照元:Dokumentation W 127: Datenblätter für Heeres-Waffen, Fahrzeuge, Gerät // Waffen-Arsenal, Special Band 16, Die Deutschen Kampfwagen Kanonen 1935-1945
  • 7.5 cm Spr.Gr.34 (KwK.37/StuK.37) :砲弾の速度を毎秒570mから420mに変更しました。参照元:Dokumentation W 127: Datenblätter für Heeres-Waffen, Fahrzeuge, Gerät // Waffen-Arsenal, Special Band 16, Die Deutschen Kampfwagen Kanonen 1935-1945
  • BGM-71B TOW:下記の修正を行いました:
  • 爆薬の質量:3kg → 2.45kg
  • 効果範囲:3750m → 3000m
  • 質量:18.9kg → 18.8kg
  • 砲弾の速度:毎秒278m → 299m
  • 参照元:Helicopter Gunnery. FM 1-140, 29 March 1996
  • 105mm OCC 105 F1:徹甲弾を360mmから400mmに変更しました。参照元:AMX 30 Firepower – The Obus G HEAT round by Colonel Jean Périn (1972): International Defense Review // AMX 30 France’s Main Battle Tank by General Jean Marzloff, International Defense Review
  • MGM-51B/C:ロケットの発射速度と巡航速度に関する不具合を修正しました。
  • 105 mm M735:質量を4.1kgから3.7kgに変更しました。初期速度を毎秒1455mから1501mに変更しました。参照元:FT 105-A-3 w/ C1-C3. "Firing Tables, Cannon, M68 On Tank, Combat, Full tracked: 105mm Gun, M60A3, M60A1, M60, and M48A5" C-1 includes M735 // Tank Gunnery (Abrams), FM 3-20.12, 1 October 2001



  • アップデート1.77「アドバンシング・ストーム(Advancing Storm)」のパッチノートはこちらから!

  • パッチノート① - アップデート1.77「アドバンシング・ストーム(Advancing Storm)」
  • パッチノート② - アップデート1.77「アドバンシング・ストーム(Advancing Storm)」
  • パッチノート③ - アップデート1.77「アドバンシング・ストーム(Advancing Storm)」
  • パッチノート④ - アップデート1.77「アドバンシング・ストーム(Advancing Storm)」

  • The War Thunder Team