ニュース

お知らせ
永久対立におけるモジュール式飛行場 2018-12-26 20:50

アップデート1.85「超音速(Supersonic)」に伴い、新しいモジュール式飛行場が[永久対立]の空中ミッションに登場しました。
この新しいメカニクスの詳細をご紹介します。

 

[永久対立]の空中ミッションで、狭く一つしかない滑走路を有していた古い飛行場を、広く、より便利な飛行場の
基地に変更しました。しかし、その相違点は外観だけではありません。新しい飛行場の多様なパーツ(モジュール)は、
様々な機能を兼ね備えています。さらに、戦闘中に飛行場を破壊するための全体的なルールも変更しました。



飛行場は、ダメージを与えることが可能な、機能的なゾーンとして、4つの独立したモジュールで構成されるようになりました。
RBでは、各モジュールは大きな飛行場のアイコンの角に、小さなボタンで表示されています。
SB上にモジュールのアイコンは表示されませんが、マップ上(小さな滑走路)にある飛行場の角に、
小さな長方形のインジケーターが表示されます。


インジケーターの色は、モジュールが受けたダメージ量に応じて変わります。アイコンとインジケーターの配置は常に同じです。
左上の角から反時計回りに、それぞれのアイコンをご紹介します:


  • 小さい滑走路が表示されているアイコンは、飛行場の滑走路を示しています。滑走路は、飛行場の中で最も大きく、目立つセクションであり、
      細長い長方形の地面や、コンクリートで出来ています。滑走路は新しい航空機のスポーンに関連します。


  • 燃料倉庫はシリンダーのアイコンで表示されます。木箱、シリンダー、監視所がある小さなエリアです。
      このエリアが最も小さなゾーンで、滑走路における、航空機の給油と再装填を行う速度に関連します。


  • 航空機のシルエットのアイコンで表示されるのは、駐機場です。大きさと目立つ点から言えば2番目となるセクションで、
      航空機の大きな格納庫の列で構成されています。駐機場は、飛行場での航空機の修理速度に関連します。


  • 地上員がいる居住ゾーンはテントのアイコンで表示されます。このエリアには永久構造物と仮設(テント)構造物があり、
      大きさで言うと、居住ゾーンは駐機場に匹敵します。居住ゾーンは、他のすべてのゾーンの修理速度に関連します。

  •  

    各モジュールのアイコンやインジケーターの色は、受けたダメージ量を示します。
    これまで同様、モジュールは爆弾からダメージを受けます。ゾーンは、特定のモジュールが直撃を受けた場合のみ、
    ダメージを受けます。すでに破壊されてるゾーンへの攻撃や、何もないゾーンへの攻撃は、たとえ飛行場の
    全体エリアで攻撃が行われたとしてもカウントされません。



    ゾーンがダメージを受けた度合いによって、そのゾーンの機能がいかに素早く実行されるかが決まります
    (滑走路は、機能しているかどうかに関わらず、例外となります)
    モジュールがダメージを受けるほど、その機能の実行はより遅くなります。
    ゾーンがダメージを受けた度合いは、そのゾーンのアイコンとインジケーターの色で表示されます:

  • 緑:ゾーンがダメージを受けていない、もしくは30%以下のダメージを受けている状態です。飛行場は通常の速度で機能します。
  • 黄色:30%から70%のダメージを受けている状態です。この状態のゾーンの機能
    (修理/再装弾/航空機の燃料補給、他のゾーンの修理)はさらに遅くなります。
  • 赤:70%以上のダメージを受けた状態です。この状態のゾーンの機能は、大幅に減少した速度で機能します。
  • 黒:ゾーンが完全に破壊された状態です。このゾーンの機能は極端に遅く機能します。
      滑走路が破壊された場合、新しい航空機はスポーンしません。



  • マップ画像の注記:飛行場A:滑走路が破壊され、駐機場のエリアが ダメージを受けている状態。新しい航空機はスポーンすることが できず、修理速度が減少する。飛行場B:すべてのモジュールが 通常通り機能している状態。飛行場C:滑走路が破壊され、 燃料倉庫がダメージを受け、さらに駐機場は深刻なダメージを 受けている状態。新しい航空機はスポーンすることができず、 燃料補給や再装弾速度が減少し、さらに修理速度は 大幅に減少する。


    滑走路が受けたダメージ量は、どのような影響も与えません。 滑走路が完全に破壊されるまで、通常通り機能し続けます。 飛行場の居住エリアが機能し続ける限り、他のすべての ゾーンは徐々に修理され続け、居住エリアが受けたダメージ量に応じ、 特定の速度で修理、回復されます。居住エリアが破壊された場合、 他のゾーンの修理速度は極端に遅くなります。他のゾーンの 2倍の耐久性がある滑走路を除き、すべてのモジュールの 耐久性は等しくなっています。これまで通り、 モジュールの耐久性は戦闘ランクによって決まり、 低ランクから高ランクへランクアップすることで増加します。 今後、モジュールの耐久性とモジュール間の一致は、 収集したデータを基に見直され、居住エリアがまだ 機能している際のモジュールの回復速度も 見直される可能性があります。

    また、新しメカニクスにより、すべてのモジュールが完全に
    破壊された場合、モジュール式の飛行場が消えなくなくなります。 爆破された飛行場が、離陸している最中に操縦中の航空機の下から 消えることはなくなりました。さらに、極端な例ですが、
    この飛行場は最終的に着陸する際の平面として使用することも可能です。 その上、飛行場のすべてのモジュールが破壊されたとしても、 一定時間の経過後、飛行場の機能を回復することができます。

    私たちはこの新しいモジュール式の飛行場メカニクスが[永久対立] での戦闘をより面白く刺激的にし、それぞれのモジュールを
    破壊することと飛行場そのものを破壊することは同じではないため、 プレイヤーの皆さまが戦術的なスキルを十分に習得できるように なることを願っています。破壊された滑走路がある飛行場に 着陸したり、そこから離陸することは依然として可能で、 まずは滑走路の先端までゆっくりと進まなければなりません。

    飛行場を完全に機能しないようにするには、すべてのモジュールを破壊しなければならないため、飛行場を完全に機能停止にすることは
    非常に難しくなります。しかし、所属するチームが滑走路や飛行場のすべての居住ゾーンを失った場合でも、戦闘に敗れた訳ではないと
    いうことを覚えておいてください。

     

    モジュール式の飛行場は、『War Thunder』に新しく追加されたメカニクスです。
    もしご紹介した内容とゲーム内の挙動の相違に気付いたなら、公式フォーラムでお知らせください(※リンク先は英語表記となります)
    またお会いしましょう!






    The War Thunder Team