ニュース

解説
シービクセン FAW.2:覆された固定概念 2021-05-19 22:27


Download Wallpaper:   1920x1080  2560x1440  3840x2160 



 

簡潔に言うと、冷戦初期にイギリス海軍に運用された、優れた積載量と高い汎用性を備えたジェット戦闘機です。



シービクセン FAW.2 ジェット戦闘機 イギリス ランクV プレミアム



長所

  • 懸架武装の搭載オプションが幅広い点
  • 飛行特性が優れている点
  • プレミアムボーナスが獲得できる点

  • 短所

  • アフターバーナーを搭載していない点
  • 固定武装が欠けている点
  • 機体の耐久性が低い点





  • 『War Thunder』の次期大型アップデートにて、シービクセン FAW.2が新たなジェット戦闘機として登場し、イギリス研究ツリーのランクVでパイロットの皆さまを待ち受けます。
    シービクセンは敵の航空機に対する主な戦闘手段として誘導兵器のみを搭載した、ゲーム内初の航空機となります。
    しかし、シービクセン FAW.2には他にも多くの魅力があり、今回はそのいくつかをご紹介します。
    それでは、始めましょう!



    シービクセン FAW.2は、イギリスの熟練のパイロットであれば既にホーカーハンターでお馴染みのロールス・ロイス エイヴォン Mk.208ターボジェットエンジン2基を搭載しています。
    アフターバーナーを搭載していないため、ランクVの他の航空機と比較するとその加速は遅くなりますが、海面でおよそ1,000 km/hの最高速度に達するほどの推力を発揮でき、さらに十分な上昇率を有します。

     

    興味深い事実:シービクセンは、従来の兵器を完全に排除し、ミサイルまたはロケットが主体となった武装のみを搭載する初のイギリス産航空機です。



    このように、機関銃や機関砲などの従来の主武装を搭載していないシービクセン FAW.2は、敵の空中目標を撃墜する主な手段としてミサイルを搭載しています。
    これにより、交戦中のパイロットの皆さまから柔軟性が失われるのは確かですが、この機体は空中戦をより重視した設計となっているため、最大4発の空対空ミサイルを同時に搭載できるという優れた積載量でその欠点を補っています。
    さらに、パイロットの皆さまはファイアストリークミサイルとレッドトップミサイルの2種類のミサイルを選択可能となります。
    この機体が持つプレミアムボーナスにより、どちらのミサイルも即座に使用できます。




    また、地上攻撃用にこの航空機に搭載された多数の武装は、シービクセン FAW.2を近接航空支援に活用したいと考えているパイロットの皆さまを失望させることはないでしょう。
    最大重量1,000 lbの爆弾に加えて、AGM-12Bブルパップ空対地ミサイル2発と、SNEBまたはRP-3無誘導ロケットを搭載することができます。

    シービクセン FAW.2は、『War Thunder』の次期大型アップデートに伴い、イギリス空軍のプレミアム兵器として登場します。
    それまでは、『War Thunder』の次期大型アップデートに関する情報も、最新の記事で忘れずに確認しましょう。
    それではパイロットの皆さま、空での一掃をお楽しみください!



    The War Thunder Team