RN ティグレ:新兵訓練教官


Download Wallpaper:   1920x1080  2560x1440  3840x2160 



複数の優れた主砲と重対空兵装を搭載した戦前のレオーネ級駆逐艦が、次期大型アップデートにて登場します。

RN ティグレ 駆逐艦 イタリア ランクIII プレミアム



長所



  • 主口径砲を多く搭載している点
  • プレミアムボーナスを獲得できる点

  • 短所



  • 対空兵装の発射速度が比較的高くない点
  • 予備の魚雷を有していない点






  • 『War Thunder』の次期大型アップデートでは、駆逐艦ティグレが「Blue-Water(外洋海軍:大型艦)」のランクIIIにプレミアム艦として登場します。レオーネ級駆逐艦シリーズは1920年代初頭に建造され、その時代に合う要件や目まぐるしく変化する軍事ドクトリンに取り残されないよう、その運用中に三度にわたる大規模な近代化改修が行われました。『War Thunder』では、二度目の近代化改修が行われた後の1934年仕様のティグレが登場します。1934年仕様には40mm対空機関砲が艦橋に追加され、450mm魚雷発射管は533mmのものへと置き換えられました。




    イタリア艦隊の艦長の皆さまにはすでにお馴染みですが、レオーネ級駆逐艦の主な利点は優れた主武装にあります。プレミアム駆逐艦のティグレは、主砲列として120mm砲8門を連装砲塔4基に装備しており、このクラスの艦としては非常に密度の高い一斉射撃を行うことができます。命中すれば一発で敵艦を炎上させたり、複数のモジュールを無効化したりすることが可能です。対空兵装及び副武装としては、両舷の76mm砲2門と艦橋に40mm機関砲を装備しており、砲の配置場所と低い発射速度によって敵機に対してはあまり効果的ではありませんが、敵艦との接近戦においては主口径砲に加えて優れた効果を発揮します。



    十分な武装を備えたティグレは、その機動性と砲による敵駆逐艦への攻撃に徹することができます。また、小型の航空機に対して効果的な防御はできませんが、重爆撃機に対してはある程度の脅威となります。この新しい駆逐艦の主な利点の一つは、プレミアムボーナスを有することであり、これによりイタリアの「Blue-Water(外洋海軍:大型艦)」における低ランク及び中ランク帯の研究を大幅に加速することができます。ティグレは、『War Thunder』の次期大型アップデートで追加予定です。お楽しみに!