ニュース

パッチノート
パッチノート - 大型アップデート「ニューパワー(New Power)」 2020-11-18 02:00


Download Wallpaper:  1920x1080 2560x1440 3840x2160 




 

新バージョンの3Dエンジン「Dagor Engine」、ゲーム内初登場の戦艦、
新しい航空母艦と新たな空、そして垂直離着陸(VTOL)など、その他にも多くの重要な変更を実施しました。




新バージョン:Dagor Engine 6.0


 

爆発と砲火の視覚効果や、炎や航空機が破壊された時の物理モデルを更新し、ゲーム内のオブジェクトに命中した投射物の
明確な痕跡を実装しました。また、現実に近い空の視覚効果やさまざまな種類の雲、霧、太陽光の散乱などを追加しました。



新たな空

 


Dagor Engine 6.0

 


航空機における新たな視覚効果

 

  • 3Dグラフィックスエンジンを「Dagor Engine 6.0」に更新しました。
  • 大気や天候、雲、霧や光の処理法を更新しました。詳しくはこちらをご覧ください。
  • 航空機の新しい視覚効果:射撃の閃光、ジェットエンジン、命中した時の航空機の弾薬および爆弾、
    炎と航空機の視覚効果を再設計しました。詳しくはこちらをご覧ください。
  • 砲弾が地上車両に命中した時の痕跡を再設計し、改善しました。既に破壊され炎上している地上車両では、
    内部の火災が車両の隙間から見えるようになりました。貫通跡の形状が、着弾角度によって変化するようになり、
    貫通しなかった場合は、徹甲弾が車両に刺さった状態で表示されます。
  • 地上車両の7.5mmから30mm口径の機関銃および機関砲に新しい射撃効果を追加しました。
  • RTX2000およびRTX3000シリーズのNVIDIA GPUで、DLSSがサポートされるようになりました。


  • 航空機


    ゲームに垂直離着陸機(VTOL機)を追加しました:
    革新的な推力偏向技術を備えたイギリスのハリアーと、ソ連の艦上機であるYak-38を追加しました。



    Yak-38 & Yak-38M



    ハリアー


     

    アメリカ

  • AV-8A ハリアー(プレミアム)
  • AV-8C ハリアー
  •  

    ドイツ

  • Bf 110 G-4
  • P-47D-16 RE(プレミアム)
  •  

    日本

  • 航空自衛隊 F-1 支援戦闘機
  •  

     

    ソ連

  • MiG-21 bis
  • Yak-38(プレミアム)Yak-38M
  •  

    イギリス

  • ハリアー GR.1(プレミアム)
  • ハリアー GR.3
  •  

    スウェーデン

  • サーブ Sk 60B
  •  

     

    中国

  • Q-5A/B
  • P-47D-23 RE
  •  

    イタリア

  • F.C.20 Bis
  •  

    フランス

  • P-47D-22 RE(プレミアム)
  •  

     



    地上車両


    待望のロシア連邦軍の最新量産型主力戦車T-90Aを含む新規または発展型の戦車14種類が登場しました。



    レオパルト2A6



    T-90A



    M1128 ストライカーMGS


     

    アメリカ

  • M1128
  •  

     

    ソ連

  • T-72AV(TURMS-T)(プレミアム)
  • T-90А
  •  

     

     

    ドイツ

  • レオパルト1A5
  • FlaRakRad
  • レオパルト2A6
  •  

    イギリス

  • VFM 5
  •  

     

     

     

    日本

  • 74式戦車 F型
  •  

    中国

  • PTZ89
  •  

    イタリア

  • レオパルト1A5
  • セレラ・サハリアノ(プレミアム)
  •  

    フランス

  • ロレーヌ 37L
  • ルクレール S2
  •  

    スウェーデン

  • Strv 122B PLSS
  •  

     

     



    艦艇


    ゲーム内におけるすべての国家で登場する艦艇を、従来の垂直型の研究メカニズムに則り「Coastal Fleets(沿岸警備):小型艦艇」と
    「Blue-Water(外洋海軍):大型艦艇」の2つの技術研究ツリーへ分離しました。
    そして、『Wart Thunder』初の戦艦に加え、待望の航空母艦「HMS アーク・ロイヤル」、「USS フォレスタル」、「バクー」が登場します。



    AI航空母艦



    HMSドレッドノート



    USS ノースダコタ


     

    アメリカ

  • USS ノースダコタ(BB-29)
  • USS ニューオーリンズ(CA-32)
  • USS ウェルボーン(DD-195)(プレミアム)
  • USS モフェット(DD-362)(プレミアム)
  •  

     

     

    イギリス

  • HMSドレッドノート
  • HMS コロッサス
  • モントゴメリー(G95)(プレミアム)
  • J級駆逐艦(嚮導艦)(プレミアム)
  •  

     

     

     

    日本

  • 筑波型巡洋戦艦「生駒」
  • 河内型戦艦「摂津」
  • 睦月型駆逐艦「皐月」(プレミアム)
  •  

    ドイツ

  • SMS ヴェストファーレン
  • SMS ヘルゴラント
  • 1924型 ルクス(プレミアム)
  •  

    ソ連

  • インペラトリッツァ・マリーヤ
  • ポルタワ
  • ケルチ(プレミアム)
  • ジェレズニャコーフ(プレミアム)
  •  

    イタリア

  • アキローネ(プレミアム)
  •  



    新ロケーションとミッション


     

    全兵器タイプにおける新しい格納庫および新しいロケーションとミッションが登場しました。



    新格納庫


  • 航空戦用のロケーション「City(街)」
  • 航空戦用のロケーション「City(街)」で行われる
    航空アーケードバトル(Arcade Battle: AB)用ミッション:「Ground Strike(地上攻撃):City(街)」
  • 航空戦用のロケーション「City(街)」で行われる
    航空リアリスティックバトル(Realistic Battle:RB)用ミッション:「Ground Strike(地上攻撃):City(街)」
  • 新格納庫


  • ロケーションとミッションのアップデート


     

  • アーケードバトル(Arcade Battle: AB)のロケーション「ライステラス(棚田)」にある航空リアリスティックバトル(Realistic Battle:RB)のミッションを修正しました。

  • 「テストフライト」のミッションに変更を加えました:


  • アメリカ、イギリス、ソ連の艦載機に新しいテストフライトのミッションを追加しました。
  • 現代のアメリカおよびイギリスジェット機のテストフライトでのミッションにおける航空母艦モデルを変更しました。
  • 新たにKa-29のテストフライトを追加しました。
  • 排水トン数が大きい艦艇のテストミッションに新しい目標を追加しました。

  • 艦艇用の下記ロケーションサイズを128kmに増加しました(ロケーションの端に沿って、より多くの海域を追加しました)。


  • ホノルル:以前は、ロケーションの境界内に島を配置していたため迂回することができませんでしたが、
    現在では迂回することができるようになりました。
  • サイパン
  • ペリリュー:島のほとんどがマップの端に配置されていたため、島を迂回したり、
    島にミッションのオブジェクトを配置することができませんでした。

  • 航空アーケードバトル(Arcade Battle: AB)の下記ミッションに変更を加えました(再設計における第三および最終段階):


  • Ground Strike(地上攻撃):Iron Range(アイアン・レンジ)
  • Ground Strike(地上攻撃):Fjords(フィヨルド)
  • Ground Strike(地上攻撃):アイルランド
  • Ground Strike(地上攻撃):Greece(ギリシャ)
  • Ground Strike(地上攻撃):モスクワ
  • Ground Strike(地上攻撃):ノルマンディー
  • Ground Strike(地上攻撃):Green Ridge(グリーンリッジ)
  • Ground Strike(地上攻撃):ノルウェー
  • Ground Strike(地上攻撃):ポーランド
  • Ground Strike(地上攻撃):ライステラス(棚田)
  • Ground Strike(地上攻撃):Top of the World(トップ・オブ・ザ・ワールド)
  • Ground Strike(地上攻撃):スペイン
  • Ground Strike(地上攻撃):Guiana Highlands(ギアナ高地)

  • これらのミッションの一部で、飛行場を新しい場所に移動してミッションの中心点から遠ざけ、
    この飛行場の防空システムがミッションに与える影響を軽減しました。


    変更のリスト:


  • AI兵器の撃破に関する自動機能が無効になりました。新しいAI兵器、対地攻撃機が登場しました。
    これはすべてのチームにスポーンし、AI地上車両を撃破します。また、これらのミッションでの地上車両の数を増加し、
    大型車両(輸送車や戦車)と軽車両(迫撃砲、対空砲、トラック)の両方が勝利ポイントとしてカウントされるようになりました。
    以前は、軽車両の破壊は勝利ポイントに影響しませんでした。
  • 飛行場モデルを長さが1700mの新しいモデルに変更しました。
  • AI兵器のカウンターを無効にしました。以前は、勝利ポイントの判断基準が重複しており、
    例として爆撃ゾーンが破壊された場合など、勝利に必要な実際の兵器数を表示していなかった可能性がありました。
  • プレイヤーが操縦している航空機を撃破すると、勝利ポイントを獲得できるようになりました。
  • AI対空砲の数を減少しました。
  • 部隊が一箇所に集まらず、ミッションをより「均等」に進めることができるように再配分しました。


  • 永久対立


     

  • 航空戦用のロケーション「Peleliu(ペリリュー)」の新しい永久対立のミッションにおいて、
    敵と味方の両方に港を4つ追加しました。景観の性質上、舟艇に適しています。
  • 港や船団のFPSを低下するために、海戦の永久対立においてAIが操縦する艦艇の小口径から中口径までの対空砲の数を
    変更しました(プレイヤー操舵の艦艇は影響を受けません)。現在、貨物船と駆逐艦には小口径から中口径までの対空砲2基、
    巡洋艦には4基が搭載されています。大口径の対空砲の数は変更していません。
    テストでは、プロダクションサーバーの状況と比較して、FPSが大幅に増加していることを確認しました。
  • 海戦の永久対立における港が防雷網によって防御されるようになりました。港の境界を越えて侵入する魚雷はすべて爆発します。


  • 地上車両モデル・ダメージモデル・特性・武器の変更


     

  • SPAAG(対空自走砲)の照準器と、地上車両のデフォルトの照準器におけるビネット効果のサイズを縮小しました。
  • M1A2:弾薬のロードアウトにM829A1弾を追加しました。
  • チャレンジャー2(2F):弾薬のロードアウトにL27A1弾を追加しました。
  • II号戦車C型:車体と砲塔の装甲をより明確にし、装甲をより詳細に確認できるようにしました。
    参照元:Die Panzer-Kampfwagen I und II und ihre Abarten // Panzerkampfwagen II Ausf.a/1, a/2, a/3, b, c, A, B and C: Development and Production From 1934 to 1940
  • 2S6:弾薬のロードアウトに9М311-1Мロケット弾を追加しました。
  • マウス、E100:弾薬のロードアウトに12.8/8.8Pzgr.-TS弾を追加しました。
  • ARL44:車体と砲塔の装甲の厚さを指定しました。
    参照元:Notice technique du char de transition ARL-44 France 1944
  • FlaRakPz.1、AMX-30 ローランド:誘導速度を、水平誘導では毎分45度から85度に、垂直誘導では毎分25度から40度に変更し、
    装填時間を10秒から5秒に短縮しました。参照元:Flugabwehrpanzer, Geschichte und heutiger Stand.
  • 地上車両の下記砲弾が、より正確な破砕プロセスに変換されるようになりました:  
  • HE弾(榴弾):榴弾の破砕プロセス
  • HEAT弾(対戦車榴弾):累積的な破砕プロセス
  • HESH弾(粘着榴弾):徹甲弾/プラスチック爆薬の破砕プロセス


  • 航空機およびヘリコプターモデル・ダメージモデル・特性・武器の変更


     

  • Yak-9(全系列)、I-16(全系列)、MiG-3(全系列)、Yak-3(全系列)、モスキート(全系列)、LaGG-3(全系列)、
    La-7(全系列)、La-5(全系列)、I-185(全系列)、I-225:機体および尾翼の構造材料を明確にしました。
    さまざまな種類の弾薬や砲弾が命中した時のダメージモデルを改善しました。
  • Bf 109K:翼の構造材料を明記しました。
  • He 162(全系列):尾翼の構造材料を明確にしました。
  • ピストンエンジン(全種類および全系列):さまざまな種類や口径の弾薬が命中した時の生存特性を明確にし、改善しました。
  • Ka-50、Ka-52:「Vikhr」ATGM(対戦車用誘導ミサイル)のAPU-6パイロンに、下方に対して12度の偏差システムを実装しました。
  • Ka-50:より精巧なコックピットを追加しました。
  • MiG-21 SMT:コックピットを更新しました。
  • ほぼすべての航空機のミサイルに、デフォルトで提供されていた尾翼展開システムを実装しました。
  • ビーム誘導を備えたATGM(対戦車用誘導ミサイル)に、複数のミサイルを同時に発射できる機能を追加しました。
  • ATGM(対戦車用誘導ミサイル)の発射と機動特性の位置角を明確にしました。
  • 一回のみ使用可能な使用済みの懸架武器の搭載数を変更できる機能を追加しました。
  • レーダーがオフになっており、有効なカウンター探知システムがない状態のインターフェースで、
    レーダーを非表示にできる機能を航空機に追加しました。
  • R-60:爆薬の重量を1.150kgに変更しました。
  • R-60M:爆薬の重量を1.350kgに変更しました。
  • FAB-50:航空機で使用されていた1000kgの爆弾を、SV(ソ連)版に置き換えました。
  • 機雷の改造と「空対地」誘導ミサイルに新しいアイコンを追加しました。
  • 曲技飛行時の煙に新しい効果を追加しました。
  • A-4B:砲をColt Mk 12 Mod 0に変更しました。
  • T2:誤って搭載されていた弾道計算機を削除しました。
  • T2:250ポンド~500ポンドの爆弾における最大搭載数を5発に減少しました。
  • F-4E:搭載武器のプリセットを修正しました。
    M117爆弾10x750ポンド + 4xAIM-9Eのツインプリセットに4xAIM-7Eミサイルを追加しました。
  • F-4C:搭載武器のプリセットを修正しました。4xAIM-9E + 4xAIM-7DミサイルのツインプリセットにM61ガンポッドを追加しました。
  • 搭載武器のメニューを修正しました。下記航空機の搭載武器が適切なアイコンを表示するようになりました:  
  • He 111 H-2/H-6/H-16
  • He 177 A-5
  • F.222.2
  • Me 262 A-1A
  • Do 17 E-1/Z-2/Z-7
  • Ju 288 C
  • BV.238
  • F3H-2
  • Meteor F Mk.8 Reaper


  • フライトモデルの変更


     

  • Ju 87(全系列):フライトモデルを更新し、エンジンの操作モードを明確にしました。
    燃料タンクの燃料分布を修正しました。翼、機体、フラップ、プロペラの極値を再計算し更新しました。
    フラップとエアブレーキを展開する時の航空機の挙動を定めました。高角度で急降下している時の航空機の制御を改善しました。
  • Ju 88А-1/4/C-6:フライトモデルを更新し、エンジンの操作モードを明確にしました。燃料タンクの燃料分布を修正しました。
    翼、機体、フラップ、プロペラの極値を再計算し更新しました。フラップとエアブレーキを展開する時の航空機の挙動を定めました。
    高角度で急降下している時の航空機の制御を改善しました。
  • D-371-HS9、DB-7:「カバー交換」をアップグレードした時のボーナスが誤っていた不具合を修正しました。
    リアリスティックバトル(RB: Realistic battle)モードではモジュールが速度に影響します。
  • B17BS:フロートが制御不能になっていた不具合を修正しました。
  • F3F-2:フライトモデルを更新し、エンジンの操作モードを明確にしました。
    翼、機体、フラップ、プロペラの極値を再計算し更新しました。着陸装置を展開する時の航空機の制御を定めました。
  • P-63(全系列):フライトモデルを更新し、エンジンの操作モードを明確にしました。より速度と高度に依存するよう、
    熱力学のモデルを更新しました。着陸装置とフラップを展開した時の焦点推移の効果を増加しました。
    離着陸時の航空機の制御を改善しました。操作マニュアルに準じ、上昇時間と最高速度を調整しました。失速の挙動を明確にしました。
  • シーフューリーFB11:最高速度とマッハ速度の安全率が5%以内になるよう修正しました。
    パスポートに基づいて上昇率と最高速度を修正しました。翼、機体、フラップの極値を高いマッハ速度に再計算し更新しました。
    より速度と高度に依存するよう、熱力学のモデルを更新しました。着陸装置とフラップを展開した時の焦点推移の効果を増加しました。
  • Т2 :エンジンを修正しました。推力が100%の時の高速での効率性を僅かに減少し、
    WEPモードでの上昇率を僅かに増加しました。増加した高速での制御における効率性を修正しました。
  • BI:低推力時のエンジンの効率性を修正しました。
  • ソードフィッシュ(全系列):マウス照準の操作を改善しました。
  • AM-1 モーラー:FMを明確にしました。失速速度を減少し、長い戦闘モードでの速度を増加しました。、
    上昇率を大幅に改善し、操作性も改善しました。


  • 艦艇モデル・ダメージモデル・特性・武器の変更


     

    艦艇の武器:


  • イタリアの120mm弾における最大射程距離と装甲貫通能力を修正しました。
  • 千鳥型水雷艇「千鳥」、睦月型駆逐艦「睦月」:弾底信管付きの120mm榴弾を追加しました。
  • 利根型重巡洋艦「利根」:四十口径八九式十二糎七高角砲(127mm)2基に不足していた即時利用可能な弾薬を追加しました。
  • S-38b、Type 1939(T31): 魚雷をモデルG7eからG7aに変更しました。
  • Type 1939 (T22):艦首に配置されている20mm機関砲の旋回角度を修正しました。
  • 島風型駆逐艦「島風」:魚雷を九三式一型から九三式三型に変更しました。
  • アドミラル・グラーフ・シュペー:主口径砲塔の弾道を修正し、精度を向上しました。主口径砲塔の砲弾の表示を修正しました。
  • 四十口径八九式十二糎七高角砲(最上型重巡洋艦「最上」):対空砲弾の砲口初速、重量、爆発質量、種類を修正しました。
  • いすず型護衛艦:魚雷を五十四式(533mm)に変更しました。
  • HMS ロンドン、HMS ヨーク、HMS ケント:アーケードバトル(Arcade Battle:AB)において
    魚雷が再装填されなかった不具合を修正しました。
  • 1924型レオパルト:艦尾の主口径砲塔2基におけるX線ビューのヒントを修正しました。
  • 睦月型駆逐艦「睦月」、千鳥:四十五口径三年式十二糎砲の発射速度を毎分10発に増加しました。
  • MO-4:21-KM砲の最大仰角を修正しました。
  • バルトロメオ・コレオーニ、ライモンド・モンテクッコリ:予備魚雷を追加しました。
  • S-38、S-38:バトルで使用できる20mm弾薬の最大数を修正しました。
  • 魚雷の航走深度 
  • リアリスティックバトル(Realistic Battle:RB)では、バトルに出撃する前に魚雷の航走深度を1m、
    または4mに設定することができます。
  • アーケードバトル(Arcade Battle:AB)では、魚雷が目標を攻撃するための最適な深度を、
    海底の範囲内で自動的に選択するようになりました。

  • 艦艇の改造および搭乗員スキル


  • 搭乗員のシステムを修正しました。重量に関わらず、「Blue-Water(外洋海軍):大型艦艇」の艦艇における搭乗員区画を、他のモジュールが占有していない艦艇内の空間に再配置しました。ボイラー室、変速機、弾薬庫、砲塔、多層エレベーター、魚雷発射管などのモジュールが、それぞれ独自の搭乗員を持つようになりました。これらのモジュールが破損または破壊された場合、モジュールを修理している間は戦闘不能になった搭乗員が他の区画から補充されます。区画が破壊された場合は、その区画の搭乗員も失います。
  • 排水ポンプの稼働台数がバトルの結果を左右するようになりました。これらのポンプが損傷すると、
    海水の排水速度が遅くなります。すべてのポンプが無力化した場合の排水速度のペナルティは最大で25%です。

  • 艦艇特性・物理・ダメージモデル


  • 石炭庫には頑丈な装甲が施され、約1mの石炭に対して約27mmの構造用鋼の割合で追加の装甲を提供します。
    石炭庫は装甲表示に追加され、各ポイントで実際の厚さを確認することができます。
  • 近距離での爆発や大きな砲弾の着弾による、艦艇への衝撃波の影響を減少しました。
  • ザラ:旋回時のロール角を修正しました。
  • HMS ピーコック:旋回時のロール角を修正しました。
  • HMS ロンドン (69):このクラスの他の艦に合わせて、旋回時のロール角を増加しました。
  • Type 1939 (T31)、ヤグアル級魚雷艇(140型)、HMNZS リアンダー:排水ポンプを追加しました。
  • HMS サウサンプトン:旋回時の過剰な回転を修正しました。
  • ケルン F220、リューベック F224:弾薬庫の375mm反応性爆弾の誤った表示を修正しました。
  • 島風型駆逐艦「島風」:搭乗員数を267人から282人に増加しました。
  • Pr.1204 Late:X線ビューで、必要な改造を選択していなくても機雷が表示されていた不具合を修正しました。
  • カノーネンボート K-2:艦の中央部分にある区画の脆弱性を修正しました。
  • USSブルックリン、USSヘレナ、クレムソン(DD-366)、クレムソン(DD-213):
    前回実装できなかった弾底信管付きの砲弾を、防護分析に追加しました。

  • 艦艇の視覚モデルと視覚パーツ


  • HMS ピーコック:主口径砲塔に排莢のアニメーションを追加しました。
  • MS-53:艦尾の砲塔にリールを追加しました。
  • ちくご型護衛艦:ロケット砲が甲板上に浮かんでいた表示の不具合を修正しました。
  • J級駆逐艦(嚮導艦):オブジェクトが甲板上に浮かんでいた表示の不具合を修正しました。
  • ケルン F220、リューベック F224:煙突の排気の視覚効果を、石炭の煙からガスタービンの蒸気に変更しました。
  • クラースヌイ・カフカース:格納庫において、この艦の喫水が誤っていた問題を修正しました。
  • 165 ft PC-466 Carmi:主口径砲塔が回転しているように見えなかった不具合を修正しました。

  • インターフェース


  • AI射撃モード(デフォルトのボタン設定「E」)のインジケーターを、アクションパネルに移動しました。


  • 経済と研究


     

  • 海軍の研究ツリーを、「Coastal Fleets(沿岸警備):小型艦艇」と「Blue-Water(外洋海軍):大型艦艇」の
    2つの垂直型の技術研究ツリーへ分離しました。外洋海軍の研究は、海軍でゲームをプレイ開始すると
    すべてのプレイヤーが利用可能となる予備の駆逐艦から始まります。詳細についてはこちらをご確認ください。
  • III号戦車 E型:「予備」のカテゴリーに移動し、III号戦車 B型と同じグループに追加しました。
  • T2:すべてのゲームモードでBR(バトルレーティング)を10.0に減少しました。


  • カスタマイズ


     

  • デカールに識別マークを追加しました。
  • ジャギュア GR.1、ジャギュア A:タスクの完了、およびゴールデンイーグルでの購入により入手可能なカモフラージュを追加しました。
  • 新しいコレクションを追加しました:装飾「Ammunition(弾薬)」と「Decals Game Updates(デカールゲームアップデート)」
  • 日本のトップランクの地上車両に新しいカモフラージュを追加しました。
  • ドイツの地上車両に新しいカモフラージュを追加しました。
  • 下記の兵器のカモフラージュセットを更新しました。獲得条件を再計算しました:  
  • M551
  • M163
  • M247
  • M60A1(AOS)
  • M60A2
  • ティーガー II(P)
  • ティーガー II (H) Sla.16
  • パンターD型
  • フェルディナント
  • ナースホルン
  • ヴァッフェントレーガー
  • ブルムベア
  • ヤークトパンター
  • Bfw.ヤークトパンター
  • Sd.Kfz.234/1
  • Sd.Kfz.234/2
  • Sd.Kfz.234/3
  • Flakpanzer 341


  • インターフェース


     

  • インターフェースの外見を更新しました。インターフェースの背景がより透明になり、背景にぼかしを追加しました。
  • ゲームパッドやキーボードを使用する時のインターフェースのナビゲーションを改善しました。
    ゲームパッドのDパッドとキーボードの方向キーにより、カーソルをインターフェースの上に動かすことができるようになりました。


  • ゲームメカニクス


     

  • 戦車戦で破壊されたプレイヤーの車両が、ミッションの終了時まで戦場に残るようになりました。
    この場合、他のプレイヤーは破壊された車両に牽引ケーブルを掛けて別の場所へと移動し、道や通路を確保することができます。
    また、破壊された車両を防御として使用することもできます。
  • 目標を設定するためのプレイヤーのニックネームを追加しました。
    これは3人以上のプレイヤーがいる分隊で、目標を設定するマーカーの上に表示されます。
  • 戦車戦と艦艇のミッションにおいて、キャプチャーポイントでの発煙弾の使用を無効にしました。
  • 戦車戦と海戦のミッションにおいて、キャプチャーポイントのマーカーをワールド(ゲームスペース)からHUDに移動しました。
    ビューエリアのキャプチャーポイントの距離を追加しました。
  • 戦車戦と海戦のミッションにおいて、多数のグリッドセルを標準化しました。バトルゾーンの幅が5000m以下のミッションでは、
    フルセルの数が7に匹敵し、幅が5000m以上のミッションでは10となります。
  • 戦車戦と海戦のミッションのミニマップ上に、グリッドセルのサイズを表示しました。
  • テストドライブにおける兵器の「参考」改造が、兵器の特性に影響を与えるものだけでなく、
    すべての改造を使用するようになりました(矛盾する機能は除きます)。
  • 戦車戦のリアリスティックバトル(Realistic Battle:RB)とシミュレーターバトル(Simulator Battle: SB)において、
    リスポーンスコアで航空機とその武装のリスポーンコストを計算するルールを変更しました。
  • 研究可能なAP弾(徹甲弾)の弾薬ベルトに関するリスポーンコストの乗数を追加しました。AP弾(徹甲弾)の弾薬ベルトは、
    500mの距離で40mmの直角で貫通したとしてカウントされます。このようなベルトのコストは兵器コストの20%となります。
  • 懸架武装のコスト乗数を、懸架武装の全重量に基づく計算に変更しました(空対地誘導ミサイルは除きます)。
    武装の重量が50kgから1000kg の場合、兵器の3%から25%が補間されることで計算されます。補間上限を超える値には、
    限界係数値が使用されます。
  • 空対地誘導ミサイルに関しては、航空機のコストの25%を占める固定乗数が使用されます。
  • 攻撃機の通常のリスポーンコストを、戦闘機のリスポーンコストと同様の値まで減少しました。
  • 攻撃機の懸架武装にかかるリスポーンコストを、戦闘機のものと一致させました。
  • 戦車戦のシミュレーターバトル(Simulator Battle: SB)において、ヘリコプターのリスポーンコストを減少しました。
  • 通常:300 → 250
  • ATGM(対戦車用誘導ミサイル)を搭載した場合:450 → 430
  • 夜間の戦車戦に照明弾の自動発射を追加しました。設定された周期で、ミッションの開始時から
    リスポーンゾーンとキャプチャーゾーン間で4発の照明弾(各チーム2発)が同時に発射されます。
    これらのメカニクスは次のモードのランダムバトルとカスタムバトルに実装されました:ドミネーション、バトル、支配


  • サウンド


     

  • CV 90120、Lvkv 9040C、CV 90105 TML、Ikv 91、Ikv 103、Ikv 72などのスウェーデン車両に
    新しく本物のサウンド設計を追加しました。
  • 16式機動戦闘車、R3 T20、Fiat 6614、Fiat 6616、Aubl 74、R3 T106 FA、チェンタウロ ROMOR、チェンタウロ、
    チェンタウロ MGSなどの類似したエンジン形態を持つ多数の装輪車両に新たなエンジンのサウンド設計を追加しました。
  • ルクレールとレオパルト2A5に改良した新たなエンジンサウンドを追加しました。
  • T-80戦車とその改良型のエンジンサウンドを修正しました。
  • Strv 103А、Strv 103С、Strv 103-0、Lvkv 9040C、Strf 9056、Т-72A、Т-72B、T-72B3などの戦車が、
    車外へ排莢する時の薬莢の落下音を修正しました。
  • 友軍/敵軍の地上車両のエンジンにプレイヤーの車両と同様の多様性のあるサウンドを追加しました
    車(プラットフォームの技術的な限界により、x86 Windows版には実装されていません)。
    車これにより、友軍/敵軍の地上車両がプレイヤーの車両と同様の本物のエンジンサウンドのプリセットを持つようになりました。
  • 航空機やヘリコプターが他の兵器の近くを上空通過した時のサウンドのメカニズムを、より安定して稼働するように修正しました。
  • F-104(全系列):タービンに新しいサウンドを追加し、エンジンの稼働段階のサウンドにより正確に反映されるようにしました。
  • 地上車両の発砲音と爆発音を、距離に伴い自然に変わるよう変更しました。
  • 地上車両と艦艇の機関砲の砲撃音を、攻撃の全要素における周波数と可聴性のバランスがより自然になるよう修正しました。
  • 艦艇の艇首や艦首に波が当たり砕け散る時のサウンドのメカニズムを追加しました。サウンドの性質は、艦艇の大きさや速力、海の波の状態に左右されます。
  • 風力に左右される波のサウンド設計を新たに追加しました。
  • ゲーム内に新しい音楽コンテンツを追加しました。この新しい音楽は航空戦(ランクVからランクVIまで)と
    戦車戦(ランクVIからVIIまで)のバトルで再生されます。また、ゲームの開始時に新たなテーマ曲が再生されるようになりました。
  • サウンド設定にある「効果音の音量」「エンジン音の音量」「発砲音の音量」は、現在、最大音量の50%以下に設定できません。