海軍の実装に関するQ&A

先日、『War Thunder』にて海軍の開発が進んでいることをお伝えしましたが、
今回は、開発者からの新しい回答をお伝えします。
既にお聞きになった方もいるかもしれませんが、6月11日にAlatristeのチャンネルで放送されたVyacheslav Bulannikovとのインタビューからご紹介します(放送はロシア語音声)。




   

航空機と地上車両のゲーム仕様のコンセプトは海戦においてもそのままになりますか?
具体的には、兵器の歴史的な特徴は、ゲームバランスよりも重要となりますか?



正確な歴史的特徴はゲームの中でも重要な部分になりますが、違うタイプの兵器のバランスを模索しない、という意味ではありません。
特定の兵器で最適な対戦相手を選ぶことができるマッチメイキングや、
異なる兵器の種類が違う方法で勝利を得られるようにミッションや条件を調整します。


   

長距離射撃の実装はどうなっていますか?



現時点では、主な仕様は最初のテストのままになっています。
プレイヤー自身で狙いを定め、ターゲットまでの距離を自動的に計算し、それに応じて砲の仰角が変更されます。
プレイヤーの移動速度と、ターゲットの速度は考慮されないため、プレイヤー自身で調整しなければいけません。
このシステムは、特に安定装置があると長距離では役に立ちますが、照準の誤りは距離測定の大きなミスに繋がるため、正確に発射することが難しくなるのです。
どんな距離でも狙いやすくなるように照準の仕様を変える予定ですが、このような距離測定や、攻撃の調整などを続けることによって、
ゲームプレイでの長距離射撃は実際に改善されていくのです。


   

発射の仕様に関する調整は実装されますか?



現時点ですでにそのような仕様があり、それらは自動的なものとなっています。
じっとしていて、自分と相手の距離が変わらないターゲットを狙う場合、同じターゲットに攻撃を続けることは、
操縦されながらスピードを変えて動いている艦を攻撃するよりはるかに簡単です。


   

「天候の変化」の実装は計画していますか?また、それは発射や視界に影響を与えますか?



それについては計画されており、さまざまな天候や海の状態についてはすでに実装されています。
しかしゲームプレイの核心となる部分をテストしている時は、穏やかな状態の天候を使用しています。


   

海が荒れているとき、攻撃をするのに艦艇の大きさは影響がありますか?



事前にあったテストの際にすでに確認したかと思います。
現在、海は駆逐艦にとって穏やかな状態ですが、もし魚雷艇のような軽装甲の船を選んだ場合、また違ったように感じるでしょう。


   

徹甲弾と榴弾の役割は歴史的に正確に実装されますか?



最新の開発ブログ内にて、徹甲弾と榴弾の役割についてご紹介しました。
一定の攻撃や局所的な攻撃をする、または喫水線上で大きな裂け目を入れたい場合、榴弾を使用してください。
もし動力装置や弾薬保管庫を破壊し、船内に攻撃する場合、徹甲弾を使用してください。ただし正確に狙いをつけてください。


   

「装甲」の再現の正確性はどれくらいありますか?



ゲーム内ではできる限り正確にしていきます。地上車両または戦闘機と比較しても、引けをとりません。
また、艦艇の装甲と構成要素は別にしました。1124型河川装甲艇などが例としてあげられます。






   

「食事時」の原理はありますか?操縦性か艦艇の「角度」、どちらに頼るべきですか?



特定の角度によって増減する防御装甲がある場合、「角度」に頼ることもできます。
装甲がほとんどない船は「角度」に頼るべきではありません。船にとって致命的になるからです。
例えば、徹甲弾は複数の区画を貫通し、乗組員やモジュールを攻撃し、さらに動力装置までも攻撃することができるでしょう。
この場合だともっとも相応しいのは操縦性になります。


   

駆逐艦と魚雷艇間で戦う場面では、魚雷艇には勝つチャンスがありません。マップ上でどのように戦えばいいのでしょうか?



簡単です。駆逐艦は魚雷艇を500メートル以上の距離で発見することはできません。それは冗談です:)
もちろん、小さめの艦は開放水域ではチャンスがないので、複数のゾーンでマップを分けることを予定しています。
長距離での防衛や占領するためのゾーンの中で、砲撃戦が繰り広げられます。


   

浅瀬は実装されますか?つまり、駆逐艦が浅瀬に乗り上げているところで、魚雷艇を操縦できるようにはなりますか?



浅喫水船には適した様々な深度があり、駆逐艦が横切るには不可能なマップは既に実装されています。
ゲームプレイには水中の景色も追加する予定です。


   

魚雷艇と駆逐艦は、戦闘で使える爆雷があるということですが、特定の標的物があるのですか?



小さめの艦艇は、敵艦に対して時間差で攻撃する「手榴弾」として爆雷を使用することができます。
駆逐艦にとっては機能しないので、兵器類から取り除いていました。
将来的に例えば潜水艦などの爆雷を使用するPvEミッションを予定しています。それから駆逐艦にも実装されるでしょう。


   

大き目の艦を分割して複数のプレイヤーで操縦するのはどうでしょうか?
一人は司令官、一人は主要な銃砲の責任者となり、あと一人は対空砲や補助的な武器を扱うという感じです。



大き目な艦での戦闘の動きは比較的遅くなりますので、複数間のプレイヤーで操縦するのは、あまり良いアイディアとは言えないことがテストを通して分かりました。
主砲で攻撃するか、または対空砲を用いて襲い掛かる爆撃機に反撃するかなど、なにを優先すべきか決める時が最もハラハラし、楽しい瞬間なのです。
操作をプレイヤー間で分割すると、全員が退屈になるうえに、ランダムプレイヤー間で協力ができるかどうかという問題がまだ残っています。


   

駆逐艦の次はどの階級の船を紹介する予定ですか?嚮導艦や軽巡洋艦を期待してもいいですか?



魚雷艇と航空機、駆逐艦での協力は、バランスの観点やマップデザイン等に多くの問題と疑問点がありました。
追加された大きめの艦は、装甲の面で駆逐艦より有利となり、同様に、駆逐艦はより複雑な務めを果たす点で、魚雷艇より有利となります。
現時点でお伝えすることはできませんが、大きめな艦が登場する可能性は完全に否定はできません。


   

浸水によって艦は破壊されますか?



はい、破壊されます。
艦艇は一発の強力な爆発(例えば、魚雷が当たった場合)、もしくは喫水線下でのいくつかの破損箇所の両方から破壊されてしまいます。
テストの間、お気づきになったとは思いますが、もし船の浮力が約70%の場合、船の喫水は増え、もっと船が水面下にあると、より喫水が増えます。
その結果、艦艇には数トンの水があるため重くなり、速度は下がります。



修理されていない破壊された箇所から浸水し、そして艦が沈む原因になるのです。





   

他のプレイヤーが修理を手伝ってくれることはありますか?



私たちはこの可能性を否定しませんが、まだお伝えすることはできません。
艦艇は戦車と比較して生存能力がありますし、おそらくこの機能に関してゲームプレイでの必要性はないかと思われます。
しかし、先ほど申し上げたとおり、現時点でお伝えすることはできません。


   

煙幕は実装されますか?



地上車両ですでに実装されているような煙幕が実装される予定です。
煙によって、敵の攻撃から隠れることができますが、同時に自分の視界も遮られ、対戦相手も見えにくくなります。


   

船団護衛、潜水艦の捜索と破壊などのPvEミッションの計画はありますか?



PvEの要素はすでにPvPミッションにあります。
すでに船団は登場していますし、今回は敵陣の後方にある、貨物船を破壊するミッションがありました。
将来的には、PvPモードも多かれ少なかれ用意され、プレイヤーから受け入れられたら、PvEの実装も考慮していくつもりです。
結果的に地上や空中戦のPvEが実装されるでしょう。


   

 どの国家の艦艇を公開予定ですか?


アメリカの艦を何隻かと、おそらく日本のものも公開される予定です。





公式フォーラムの「チームに質問する」のセクションで、開発者に質問することができます。
※リンク先は英語表記となります。